2008年08月02日

太王四神記 第17話「冷たき慈悲」

NHKのBSでは3月に放送された、第17話「冷たき慈悲」が今週土曜日(今日)のNHK地上波で放送されます。

続きの前に。↓↓↓☆人気ブログランキング☆ ポチッとお願いします!

あらすじ

国内(クンネ)城では火天(ファチョン)会が、重臣たちをヨン・ガリョの屋敷に監禁。

ファチョン会のテジャンノ(長老)は、ヨン氏(ホゲの父)に「タムドクとタムドクの持つ神器を手に入れるように」と伝える。(「奪え」っていうのよね)

タムドクの軍は国内(クンネ)城近くに戻るが、城門が閉ざされていた。臣下が迎えに出向かないことに疑問を感じたタムドク。。。


すると大神官キハから天のお告げを言づかってきたという神官がやってくる。

キハからの伝言は、「国内城に入る前に、戦で流した血を償うため、まずタムドクがひとりで神殿にやって来い」
というものだった。

臣下全員の意見か・・・と聞くタムドク王に、臣下達は、ヨン氏の家に軟禁されている・・・と答える神官配下。

重臣たちが捕らえられていると知ったタムドクは、わずかな護衛を引き連れて国内城へ向かう。

賢いタムドクは、ここで護衛長コウチュンに宮殿を包囲するように命じ、さらに、チョルロブ族長には、5つの城に行って外敵に備えろと伝えるように命じます。

また、ヒョンゴに、宮殿の中にいるコムル村配下に、民を避難させるように命じるタムドク王。

城門が開けられ、タムドクはたったひとりで神殿へ。そして大神官となったキハと対面する。

短期間で10箇所の城を陥落させたことをお祝いしますと言うキハに、タムドクは「前神官はどうして死んだのか、お前が殺したのか・・・」と問質す。

ついに、キハに対しファチョン会は何をたくらんでいるかと聞くが、キハは、答えをはぐらかすように 「私の心はチュシン王の為にあります」という。

二人のやり取りの最後に、悲しそうにタムドクはキハに 「未練があってお前に会いに来た。もういい。俺の心は終わった」言い残し城を去るタムドク。

撮影裏話として(NHKのスペシャル番組でした)、この場面では、キハ役のムン・ソリが、「本当に悲しい気持ちになった場面」と語っていました。
普段、撮影本番以外ではとても優しいヨン様が、「俺の心は終わった」と言って去るときに、「優しいのを知っている分、撮影本番での冷たい態度が悲しさを増した」とか。

宮殿の正門を開け、護衛長コウチュンを迎え入れるチョロ(青龍の生れ変り)。

スジンとチュムチを引き連れ、ファチョン会の隠れ家を攻撃し、朱雀の神物を奪取するタムドクは、その後ヨン・ガリョの屋敷へ。

コ・ウチュン率いる部隊を中に入れ、ヨン・ガリョの屋敷から人を出すなと命じる。

ここでチュムチ(白虎プンペクの生れ変り)の出番!!
ヨン氏の正門を打ち破ります。

人質にとられている臣下のために、ファチョン会の長老に、朱雀の心臓(朱雀の神物)を投げ、ふたつ・・・とヒョンゴの杖(玄武の神物)を出し、みっつ・・・とチョロの神物(青龍の神物)を投げるタムドク。

タムドクが自分達の息子を殺したと疑っていた臣下は、タムドクに「本当に息子達を殺したのですか?」と尋ねる。

「違う」と答えるタムドクを信じるようになる臣下は、自害をし始める臣下たちに「やめろ!」というタムドク。

ファチョン会の長老につめよるタムドク、長老がタムドクを弾き飛ばすと。。。

青龍の神物を掴むチョロの槍が光り。。。





ブログランキング参加しています☆1日1回ポチッとして応援してください!お願いします

banner_02.gif占い部門




posted by The Empress. at 12:03| Comment(4) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!
コメントくださってありがとうございました。
歴史の勉強って、その役職などをおぼえるのも苦労したものですが、マンガやドラマですと、好きな俳優さんが出ていたりして、どんどん頭に入っていきそうですね。
ちょうど、先日図書館でマンガで見る人物の本を娘が初めて借りました。^^
Posted by わんもも at 2008年08月02日 22:32
こんにちは。ブログを見つけてくださり有難うございます。
私もタロットやオーラクルを趣味で読んだりします。またスペルも生活の中で行っています。

また是非遊びに来てくださいね。
私もまた時間があるときにゆっくり記事を読ませてくださいね。
どうぞよろしくお願いします。
Posted by Colza at 2008年08月03日 04:00
こんにちは。

私も韓国ドラマ好きで土曜夜はずっと見てきました!

でも今回のは3話目で挫折しちゃいました(TT)過去なのか、現在なのか、誰が誰なのかどうもよくわからなくて・・・。

でも、友人からも今は面白い展開になってるよ!と言われ、こちらでもなんだか奥深くて面白そうな感じですね!

DVD出たら必ず見ますね!ヨン様素敵ですものね。でも私、ビョンホン派ですが(笑)

応援ポチッ
Posted by あやしゃん at 2008年08月04日 01:05
コメントありがとうございます。
わんももさんへ
漫画見る歴史物語は結構楽しいです。
「あさきゆめみし」(源氏物語)の豪華版が出るそうです。
Colzaさんへ
カナダの西海岸には、有名なスピリチュアルワーカーがたくさんいるそうですね。
「引き寄せの法則」で有名なご夫妻も、定期的にヴァンクーバーからクルーズでのセッションを行っているようです。ちょっと高いのが難点ですが。。。

あやしゃんへ
太王四神記は第一話が過去(神の子の本来の地上での仕事と人間の女性との恋愛の結末)の話をまとめています。
第2話で高句麗の時代へ。。。
レンタルだとDVDがでているかもしれないですね。
Posted by The Empress. at 2008年08月06日 23:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104040280
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。