2008年10月03日

ドラマスペシャル「夢をかなえるゾウ」見ました

水野敬也氏著作の「夢をかなるゾウ」が売れに売れているという話は聞いた記憶があります。(130万部以上も売れたとか)

原作を読んでいなかったのですが、昨夜日テレ系列のドラマスペシャルで、成功を願うサラリーマン役で小栗旬さん、ぐうたらなガネーシャという神様を古田新田さん(これははまり役かな)が好演してました。

ガネーシャが関西弁で人生の成功へ導くのかはなぞですが、小難しい人生成功論よりもずーと分かりやすいと思います。
ドラマ自体の出来については。。。個人の意見におまかせしますあせあせ(飛び散る汗)

原作者の着眼点が面白いですよね。
「ガネーシャ」という名を持つ、インドからやってきた神様は、成功したいけどできないでいるサラリーマンの主人公の家にニートとして住みつき、ゲームをしては寝たり、遊んだりするだけ。

一見、史上最悪のメンター(助言者、師匠)に見えます。ガネーシャは「今から自分が出す簡単な課題さえこなしていけば、お前は確実に成功する」。(ホンマかいな?と思いながら成長していく主人公)

「本当にしたいことをしているのか?」、「本当にやりたいと思ったこをしてみて、だめならそれはそれでええじゃないか」という言葉。
すっごく奥が深いですよね。

プロの占い師になった人はこの答えを相談者に直にぶつけたいときがあるはず(私だけ?)です。
「今の職場でいじめにあっている、今の職場は自分に合わない、正当な評価を受けないのは許せない、本当はつきたい職業があるけど今のところで我慢している、もっと自分の才能に合った職場や職種があるはず。。。」
これらの答えに、ときには厳しくしながらも原則優しい言葉で答えるのは結構つかれます。(サービス業ですから、お客さんを怒らせたらだめなのよ)


ガネーシャはヒンドゥー教の神の一つで、その名はサンスクリットで「群衆(ガナ)の主(イーシャ)」を意味するそうです。

太鼓腹?(福与かなお腹)の人間の身体に 片方の牙の折れた象の頭をもった神で、4本の腕をもつ。障害を取り去り、また財産をもたらすと言われ、商業の神・学問の神とされています。

ヒンドゥー教では、シヴァとパールヴァティーの間に生まれた長男だとか。

なんでゾウの頭を持った神になったの?シヴァの子供なのに?という疑問に、ウィキペディア(Wikipedia)では、いろんな説から次の説を第一にあげています。

パールヴァティーが身体を洗って、その身体の汚れを集めて人形を作り命を吹き込んで自分の子供を生んだ。

パールヴァティーの命令で、ガネーシャが浴室の見張りをしている際に、シヴァが帰還した。ガネーシャはそれを父、あるいは偉大な神シヴァとは知らず、入室を拒んだ。シヴァは激怒しガネーシャの首を切り落とし遠くへ投げ捨てることになる。

パールヴァティーに会い、それが自分の子供だと知ったシヴァは、投げ捨てたガネーシャの頭を探しに西に向かって旅に出かけるが、見つけることができなかった。そこで旅の最初に出会った象の首を切り落として持ち帰り、ガネーシャの頭として取り付け復活させた。これが、ガネーシャが象の頭を持っている所以とされる。

偉大な神シヴァなら子供の頭を簡単に探せそうなんですが、そこは神話の世界ですから、いろんな説があるのでしょう。

今度ブックオフ(弘前にあるかな?)にいって原作を探そうと思います。




posted by The Empress. at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107514695
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。