2008年10月07日

青森県の石油小売り大手チェーン・柿本石油倒産

北国の青森県で石油小売大手の柿本石油が倒産しました。(県内の人しか知らない会社ですが)

倒産というニュースが出る前に、日曜日の夕方からガソリンスタンドが早めに閉店し、月曜日には県内24店舗のスタンドが閉鎖状態だったそうです。従業員も朝出勤して事態が把握できない状態が続いていました。

県内のセルフ・ガソリンスタンドとしては一番安いという評判だったらしいのですが、プリペイドカードの残金が残っている利用者や、灯油(北国では必需品です!!)の前売り券を大量に購入していた利用者などが、ガソリンスタンドや本社前で様子を見に来ていたようですが、本社で一部の関係者が事務所にいた程度のようです。

「カキモト」グループが青森、弘前、五所川原の三市で経営している計四店の女性専用フィットネスクラブも突然の休業に、毎月の利用料金を振り込んだ利用者が困惑していた映像もニュースで放送されました。

一般の利用者も被害者ですが、農業をしているとろではハウス栽培用に大量の灯油を使うため、前払いした農家は厳しい経営の中さらに厳しい冬をむかえることになりそうです。
年金で生活している人も「まとめて前売り券を購入すると割安になるから、灯油が高いので一冬分の券を購入したばかりなのに。。。」と困惑しておられました。

どの地域もガソリンスタンドの過当競争が深刻になっていますよね。
ほかの会社も採算の取れないスタンドがどんどん閉鎖されていたのですが、会社自体が倒産というのはガソリンスタンド経営をしているところでは最近なかったことです。

地方だと、車は一家に一台ではなくて、一人に1台っていう感じですし、秋から春先まで灯油で家を暖房しますから、薄利多売でもあまり倒産するチェーン店はなかったんですよね。

不動産、コンビニ、フィットネスなどほかの事業展開もしていたようなので、稼ぎ頭のはずのガソリンスタンドの経営で失敗したとは考えにくいのですが。。。

国会中継を見ていても、地方経済の実態を本当に知っているのかな?とか、知っていても経済対策を打ち出す力が今の政府にはないだろうなぁ、なんて悲観的になっちゃいました。
posted by The Empress. at 04:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 地域のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ガソリンスタンドが倒産だなんて、異常だねぇ〜><
よっぽど競合が激しかったのか・・・・・
それとも、ガソリン価格の高騰で、需要の低迷がきつすぎたのか・・・・・・
県内一安い価格設定で、倒産って、ちょっと考えられないこと^^;;;
もしかして、経営者側に問題があったのかな?
Posted by くまのすけ at 2008年10月07日 13:30
コメントありがとうございます。
確かにガソリンスタンド経営会社の倒産は珍しいですよね。
続編の記事にも書きましたが、1年間で7店舗も増やしたり、不動産、フィットネス、コンビニと手を広げたこともあるでしょうが。
自分たちが引き起こした低価格競争が引き金の可能性が大きいようです。
それに、利用者の多くが言っているのは、大手メーカーーのガソリン以外のところから仕入れている、ってもっぱらの評判でした。
事実、大手メーカーから他社から購入したということで契約を打ち切られてますから。。。
Posted by The Empress. at 2008年10月10日 22:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107712779
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。