2008年10月08日

200円、300円で泊まれる場所を石原都知事よ教えて欲しい!

東京都の石原都知事が3日に大阪で起こったビデオ個室火災事件と「ネットカフェ難民問題」に関して、「200円、300円で泊まれるところがある。山谷(東京台東区)にいったらあるでしょう。1500円、2000円も出せるのにネットカフェ難民というのは。。。」という認識不足の発言をして、台東地区やネットカフェ難民救済活動をしているNPOから苦情がでている。

キー局の報道番組では、山谷での宿泊料金に関するレポートをしていました。最低価格で1000円(一部屋に2段ベッドが4つで8人)、一般的には一泊1500円から2000円が相場のようでした。

記者の質問に答えた山谷の地元の人は「コインロッカーでも300円だよ」と石原都知事の時代錯誤的な発言に呆れ顔だった。

今回の発言では2つの重大な問題というか課題があります。

1つは、ネットカフェ難民を支援しようと東京都自体が支援センターを開設しているのに、頂点に立つ都知事がネットカフェ難民の根本問題を理解していないということ。

東京近郊で住宅を借りるには、フリーターや日雇い、派遣社員では高額で定住場所を確保できないこと。
定住場所がなければ、就職活動の際に不利なこと。この悪循環を断ち切ろうというので、都の支援センターやNPOが活動しているのです。

2つ目の問題は、台東区の山谷は昔から日雇い労働者の宿泊先が多いところであり、言葉は悪いのですが、これまでは一般の人が頻繁に行くような場所ではなかったという過去があります。
台東区はイメージアップのために、安い宿泊先を求めている外国人旅行者を誘致するなど、近年では山谷のイメージも大分変わってきていたのです。

今回の失言もそうですが、石原都知事は、著名な作家、元国会議員、そして現職の都知事ということで、自分が知識人であり、「自分の認識は間違ってない」という変な自信がおありのようです。

誰だってできることなら、椅子ではなくて、ベッドや布団で横になって眠りたいと思っているはずです。
でも、それすら許さない経済状態にあるのは本人だけのせいではないのです。

オリンピック誘致に多額の金を投じるぐらいなら、東京都の一般都民の生活を向上させるための政策に本気で予算を与えて欲しいですね。

地方からの出稼ぎが多いのも東京都です。地方よりは賃金が高いとはいえ、過酷な労働条件で働いて、地方に住んでいる家族を支えている人たちがどれだけいることか。

それにしても、200円、300円で泊まれるような時代っていつの話なんでしょうか?石原知事の山谷発言は重大な誤認

台東区長らが抗議

石原都知事の発言に対し、抗議の記者会見をする台東区の吉住弘区長(左)と木下悦希区議会議長

個室ビデオ店放火殺人事件に関連して東京都の石原慎太郎知事が「山谷は200円、300円で泊まれる宿がいっぱいある」と発言したことに対し、山谷地区がある台東区の吉住弘区長と木下悦希区議会議長が7日、記者会見し「重大な事実誤認がありイメージが損なわれた」として、知事に発言の訂正と謝罪を求める抗議文をそれぞれ出したことを明らかにした。


台東区によると、同区と荒川区にまたがる山谷地区には現在、約160軒の簡易宿泊所がある。中には1泊1000円以下の宿泊所もあるが、おおむね2000円程度だという。

抗議文では「(山谷地区は)地元や関係者の努力により、外国人観光客やビジネス客の利用も増えている。発言により当該地域のイメージが著しく損なわれ、誠に遺憾」などとしている。

吉住区長は「今は200円、300円という時代ではない。都のトップがそういう認識というのは非常に残念だ」と述べた。

知事は3日の定例会見で、ネットカフェより山谷の方が格安とし、ネットカフェ難民と騒ぐ報道はおかしいとの趣旨の発言をした。
posted by The Empress. at 18:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 地域のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
200円〜300円で宿泊できるっていうのはホントいつの時代でしょうね(笑)

少ない賃金で生活している方たちの苦労は分かりませんが、稼いでいる人たちだって努力して今の地位にいます。私はたまにTVで日雇いの方などの話を見る程度でしか知りませんが、「なんとなく生きてきていつかどうにかなると思っていた」という印象を多くの方から受けます。もちろんすっごい頑張ってきた方も多いでしょうが。
今それなりの暮らしをしている稼ぎのある方たちは小さい頃から塾や自宅である程度勉強を続けて寝る間も遊ぶ間も惜しんでその結果ある程度の大学へ進み就職している方が多いと思います。中には胃潰瘍や十二指腸潰瘍や…そういう子供もいます。そういう死に物狂いの努力をしていない人がなんとなくなるようになるだろうと暮らしていては正社員にはなれない社会になってるのかもしれませんねー。
それはもちろん国策やそういう時代の流れなのかもしれませんが、なんとなくたいした努力もせずに生きてきた人たちを救済といっても(もちろん頑張ってきた人もいるのでしょうが)…じゃあ頑張ってきた人たちは報われませんよね?頑張る意味が無くなってしまうし…だから救済っていっても難しいと思うし納得できない人たちはどちらにしても出るでしょうねー。と言っていました。
Posted by 菜葉もも at 2008年10月12日 13:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。