2008年10月10日

2010年度、青森市へ新幹線がやっとくる!

青森市にやっと新幹線がやってくるexclamation×2

盛岡 - 新青森間は1973年に整備計画が決定された5線(いわゆる整備新幹線)のうちの一つで、盛岡 - 八戸間が2002年に開業しているのですが、弘前や津軽地方に住んでいる者にとっては、終着駅は八戸駅ではなく、盛岡駅で降りて、そこから高速バスで弘前へというルートが一般的なんですよ。

正直、新青森駅って現行の青森駅から遠いし、北海道新幹線ができると「単なる通過駅だよね」って地元の人の多くも言ってます。

それでも、計画が案ができてから30年以上経って、やっと県庁所在地に新幹線がくるというのは感慨深いものがあるようですたらーっ(汗)

そういえば、1991年の東京駅から盛岡駅間が完成するまでは、上野駅から盛岡駅だったんですよね。ホント、初台(渋谷区)から上野の駅までが長かったのを忘れかけてました。

東京オリンピック開会直前の1964年10月1日に開業した(私は生まれてませんが)東海道新幹線がうらやましかったんでしょうね。

関西にも住んでいたので、東海道新幹線も頻繁に使った時期もありましたが、東北新幹線のグリーン車は「おしぼり」と「飲みもの」のサービスがあるので、東海道新幹線のグリーン車よりも好きですわーい(嬉しい顔)

東北新幹線・新青森駅の駅舎工事の安全祈願が十日午前、青森市石江の同駅東口で行われ、三村申吾知事や関係者約百人が作業の無事を祈った。二〇一〇年度の東北新幹線全線開通に向けて、終着駅の工事がいよいよ本格化する。
posted by The Empress. at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。