2008年10月26日

イヤシロチとは

イヤシロチという言葉を知ったのは、恥ずかしながら最近のことです。

ある土地に行くと気分がいい感じがしたり、ある部屋にいると気持ちが落ち着いて安らいだり、逆に、ある土地に行くと感じが悪い、ある空間に行くと気持ちが落ち着かず、何故か気分がすぐれないと感じることはありませんか。

カタカムナ古代文明の重要な原理のひとつで、イヤシロチの語源は「弥盛地」で「生命力が盛んになる地」という意味であり、ケガレチは「気枯地」で「気が枯れた土地」を意味します。

現代では、イヤシロチは「癒しの地」、ケガレチは「穢れた(けがれた)地」と解釈する人たちもいますが、本来は「癒やし」とか「穢れ(けがれ)」ということではありません。

「生命力が盛んになる地」にいれば、気分が優れてきますし、気分がよくなると「癒やされた気持ち」になります。そこから発展して「癒やしの地」と解釈されたのかもしれません。

同様に、「気が枯れた土地」にいれば、気分が落ち込んだり、疲れた感じがしたりします。これが「穢れ」と解釈されたのでしょう。

パワースポットと呼ばれる土地は一種のイヤシロチといえます。そこは、生命力がみなぎった場所だからです。

一般の家や自分の部屋、職場などもイヤシロチやケガレチだったりします。
太陽の光も入り、大切に育てているのに何故か植物が枯れてしまう、という経験はありませんか。
これには、「あなたの代わりにマイナスのエネルギーを吸い取ってくれた」ということもいえるのですが、突き詰めれば「気が枯れている(マイナス)の場所」ということになります。

ケガレチをイヤシロチにするには、まずその空間をキレイにすること、そして高周波の自然の音を流したりすることでかえていくことができるそうです。

個人的にはあるCDを部屋に流しています。今の場所は植物の育ちも元々よいのですが、何故か自分の空間としてなじめてない(睡眠不足など)と感じていました。今は、落ち告いだ気持ちでいられますし、うたた寝をするほどです。

「流すだけで運気が上昇する魔法のCDブック」 大橋智夫
です。(紹介するのが、ちょっと恥ずかしいですが)
posted by The Empress. at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | おまじない・開運 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108623862
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。