2008年12月16日

五円玉で恋愛成就のおまじない

五円玉を使ったこのおまじないは、自分自身が中学3年の終わりか高校1年生におこなって、実際に成果があったおまじないです。

おまじないの本で読んだのですが、残念なことにその本がどこにあるのわかりません。

しっかり、おまじないの方法は覚えてますので、ご紹介します。

片思い、恋愛相手を探している、「もてたい!」というときに試してみてください。

用意するもの

・五円玉 1個(できれば生まれた年のものが最高ですが、なければ生まれた年になるべく近いものを選んでください)

・赤い綿の糸 1個(洋裁店で売っている普通の綿の糸です)

・短い縫い針1本(1本だけで売っていることはないのですが、家にある方はなるべく短い縫い針を使ってください)

方法

・まず、部屋を片付けてキレイにしてください。

・次にお風呂に入って体をキレイにしてくださいね。

・キレイに洗った五円玉を乾いた布かなんかで拭いておいてください。

・短い縫い針に赤い糸を通します1本通しです。

・五円玉の穴のあいているところに糸をつけた縫い針を通し五円玉に巻きつけていきます。

・五円玉は円形ですので、放射状にキレイにひとつひとつ巻いていってください。(自分の思いをこめて丁寧に巻いていきましょう

・一周したら、二周し、五円玉の中心部の穴が見えなくなるまで、五円玉に赤い糸を巻いていきます。三周ぐらいで大分中心部の穴がきつくなってくると思いますので、三周目で糸巻きを終わってください。

・お財布など自分がいつも持っている小袋などに入れて自分のそばに置いてください。

大切なのは、赤い糸を巻いているときに本当に自分の思っている人、理想の人との楽しいひと時を思い描いていることです。

「面倒くさいな」とか「まだ終わらない」なんて決して思わないでください。

私はこれで、第一時期モテ期を迎えることができましたわーい(嬉しい顔)
恋愛関係にならなくても、何かと異性が優しくしてくれたりと周りの女の子の友人が「誰がボーイフレンドか分からない」っていうぐらい、親切にしてもらいました。(あの頃が懐かしい。。。たらーっ(汗)

説明不足がありましたので追加します。

赤い糸は極端に長くしなくても結構です(1メートルぐらいの長さだと大丈夫だと思います)。

途中で次の赤い糸と結んでください。
難しいのは、短い縫い針の穴を通らないので、なるべく糸同士を結ぶ場合は結び玉は小さくしてピンセットなどでくぐらせてください。

通常は指というか爪で五円玉の穴を通すことができます。結び目(玉)を過ぎたら、再び短い縫い針に通して、五円玉を巻いていってください。
posted by The Empress. at 19:16| Comment(2) | TrackBack(0) | おまじない・開運 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
真剣に読んでしまいました。
糸は長いまま(3周できるくらい)長くしておくんでしょうか?
途中で足すの?
Posted by ヘレンケラー at 2008年12月16日 20:43
ぐふふw
早速、家中の貯金箱をひっくり返しえ、五円玉を探してこよっと^^b
だれか素敵な人とご縁があって、赤い糸がつながっているといいな^^b
Posted by くまのすけ at 2008年12月17日 11:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。