2009年04月01日

占い師には”就職・転職”の質問に答えにくい時期

占い師には、以前よりも就職や転職の問題に関する相談が増えているらしいです。

日本全国の平均の求人倍率が0.56倍ぐらいというオイルショック以来の低水準なので、占いだけでは答えをだしにくい相談なんですよね。
しかも、相談される人は一定の就職先基準があるようで、「このご時世、正社員でも難しいのでは?」と思うようなものも結構あるらしいです。

青森県なんて、求人倍率0.28倍という全国最下位になっているような状況なので、実質的な年齢制限や性別制限を考慮すると、0.28倍よりも低いんじゃないかなあって感じがします。

こういうときに、占い以外にお守り(お財布、パワーストーン、「念を込めた商品」など)が売れているらしいですね。

タロットカードでも厳しい状況を示す結果が出ると、相談者も困っているのになんといって慰めながら結果を伝えようかと思案してしまいます。

「レジのパートでとりあえず転機がくるのを待ってみては」という言葉に「レジのパートは絶対イヤです」と言われることが多いし。。。
レジのパートを募集している地域に住んでいるだけでも恵まれているっていうのを知ってもらうのも難しいんですよね。

占い師は祈祷師ではないし、祈祷師がお祈りしても無理なものは無理でしょうし。。。
まあ、愚痴を聞くだけでも相談者の気持ちが楽になれば占い師の一部の役割を果たしているって思うしかないですかね。
posted by The Empress. at 15:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
できれば楽観的になりたいけど、そうも言ってられないこのご時勢。
友人はいきなり今日、「今月いっぱいで」と派遣先の契約を更新できなかったそう。
でそういう人が多いらしいです。
占い師さんだって、どこまで厳しく読んでいいのかわからないですよね。
Posted by ヘレンケラー at 2009年04月01日 20:01
人々が神頼みやお守り系に走るのは不景気なんでしょうねぇ〜〜〜!
ただ、占いに走る気持ちも分かる気がします。
どうか、グチを聞いてやるというか、
慰めてやるのが無難かと・・・!

ちなみに様々なお守りがありますが、
それって正しく使わないと効かないというか、
逆効果もあるので一般人はその事を知っているのか不安です凹凸
Posted by ラーマ at 2009年04月02日 10:49
まあ、そうだねぇ〜^^;;;
相談に来る人のそばに寄り添って、グチやなんかを聞いてあげるってことの方が、本当は重要なのかもしれないねぇ〜
がんばれ^^ノ
Posted by くまのすけ at 2009年04月02日 12:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。