2009年04月13日

占い、恋愛を成就させるのは誰か

占いへの質問は、恋愛関連のものが圧倒的に多いと感じます。

占い師としては、タロット占いであろうと四柱推命で占いをしようとも、相談者の恋愛相談(半ば「恋愛成就祈願」に近いものがあるんだけど)にできる限り優しく答えたいと思っています。

恋愛というのは、当たり前ですが、相手がいて成り立つもの、片想いでさえ「意中の相手」が必要なわけです。

占いの結果が良い場合は、恋愛問題であれ他の問題であれ、相談者に説明するのが精神的に楽ですが、結果が正直「恋愛成就ならず」という場合は、なんとか納得してもらえるように説明するのが難しいんですよね。

「相手が自分を愛してくれるなら、他の恋愛運がなくなってもいいから、なんとか恋愛を成就させる方法はないのか!」という切実、というか無理難題を突きつけられたことがあります。

相手の立場になって考えられない人の場合、恋愛が上手くいかないことが多いのは、自分の気持ちしか考えてないからだ、って遠まわしに伝えるんですが、一心不乱というか猪突猛進というべきか、まあ、そのような精神状態にいる人には、私の言葉が聞こえないんですよね(心に伝わらないっていうか)。

占い師として、言葉の勉強や心理学の勉強をしたいなあ、って思うときって、無理難題を突きつける相談者とのやり取りがあったときですね。

占い以前に、「誰が自分の恋愛を成就させるのか」、「愛することとは相手の立場や気持ちを考えることではないのか」という本来、自問自答すべきことが山ほどあるはずなんですがあせあせ(飛び散る汗)

そういう私も、昔は知り合いのタロット占い師に恋愛の相談をしてましたが、「振り向かせるには?」という類の質問はしたことがないんですよね。

むしろ、「相手の気持ちが離れているなら、相手と完全に連絡を断ち切るべきか、友人というか理解者としての縁を守るべきか」という感じの質問はしたことがあります。

占い師だって人間、恋愛もすれば失恋もします。人生経験が占いに活かさせるって信じているんですが、さすがに若い世代が「この恋愛が成就すれば、残りの人生の恋愛運を失ってもいい」っていうのはいき過ぎだなあって、占っている側のほうがオロオロしちゃうんですよ。

何年か時が経てば、「なんで、あんなに燃えていたんだろう」って自分に問いかけるって思うんですが。

占いと願望成就や祈願は違う分野ですから、専門家を間違えないで欲しいなあって思ってます。
posted by The Empress. at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思うに日本人が占い場合、女性が圧倒的に多いという事でしょうか!

おそらく男性で恋愛の相談はあまりないと思いますので・・・!

それにしても私の場合は恋愛とは「結婚」を条件に考えるので一回切りという考えが強いのですが、今の現代人の軽さというか、軽薄さに霊的見地から危惧を覚えるときがあります。

恋愛相談は難しいでしょうが、なんとか頑張ってくださいませ凹凸
Posted by ラーマ at 2009年04月14日 11:01
そうだねぇ〜^^;;;
占い師は、占うのが仕事で、祈願・祈祷するのは別の商売の人だよねぇ〜^^;;;
くまのすけも、ついつい無理難題をふっかけたりしないように、注意しなきゃ^^;;;
Posted by くまのすけ at 2009年04月14日 12:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。