2009年04月22日

占い、やっぱり身内は占えないなあ

なんか久しぶりのブログのような気がします。
でも、母の病院めぐりで結構疲れてますバッド(下向き矢印)

占い師、特にタロット占いなどでは「自分や家族などの身内を占いにくい」と書いたことがあります。
四柱推命だと、まあ占うことはできますが、家族だからこそ伝えられない結果も出てくるんですよね。例えば、病気とか家族関係の底辺にある原因とか。。。

個人的には、身内を占ってもピンポイントで病気とか事故にあう日を当てられるわけではないので、「まあ、なるようになるかあ」って感じでした。

これも、占い師になる前に、母の心筋梗塞を経験したり、父の1回目の脳梗塞(運よく脳梗塞になる直前に病院に到着できました)の経験もあったので、この点に関しては、占い師でいながら占いはどうでもいいっていう、自分の仕事と矛盾している考えだったんですよね。

母の心筋梗塞は10年以上前だけれど、テレビでよく見る「今晩持ちこたえられれば。。。」っていうセリフに近いものを言われました。
実際には、「2,3日中に急変がなければ、助かります」ということだったような。

そして、時は流れ、親の認知症(一般には痴呆症っていいますね)の発症という事態になったわけです。
私は去年の1月に8年ちょっと住んだ(その前は都内)横浜から、青森(弘前)に戻ってきたので、母のもの忘れのひどさを認識するまで時間がかかったのですが、妹に尋ねたら「3,4年前からひどいよ」と他人事のようにいわれてびっくりexclamation&question

今年に入って、認知症の症状がひどくなったので先週、母をつれて「もの忘れ」外来と通称いわれている科に行って来ました。
担当医がパソコンに入力している病名が見えたときは、正直ショックでしたね。

「アルツハイマー型認知症」もうやだ〜(悲しい顔)

まあ、程度は軽いらしく、MRIでも脳の萎縮は全くないので、日本で現在唯一認知症の薬として承認されている薬(アリセプト)を処方されました。

他の占い師に見てもらっていたとしても、母の年齢からすれば「痴呆症」という言葉が出てきてもおかしくないし、病気は専門医に任せるのが一番ですよね。

でも、「介護」っていう二文字の重さを初めて実感したのも、ここ数日ですね。
まだ、介護するほどではないですが、母を一人で医師に合わせても話が混乱するので、付き添わないといけないし、どの薬を服用しているのかを手帳にしても、置き忘れしてしまうので、私が管理しなければならないし、「自分が将来どうなるんだろう」とう不安と恐怖を感じている母を見ていると、なんとも言えない辛さを感じます。

占い師としては、介護をしている人の心の悩みとか肉体的辛さを少しでも実感できるので、今後の活動にいかせることができればと思ってます。

日本の厚生労働省の薬の認可が先進国の中で一番厳しく、かつ時間がかかるというのは知っていましたが、認知症の薬で承認されているのが1つの薬しかないって。。。お役所仕事もいい加減にして欲しいですね。
posted by The Empress. at 19:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは(*^。^*)

占い師の直感を頼りとする「タロット占い」の場合、
親しい人を占うのは難しいと思います。
チャート系なら少しは占えると思いますが・・・!

介護は本当の意味で大変なので色々情報を集めて頑張ってくださいませ凹凸
Posted by ラーマ at 2009年04月22日 20:56
お母様の介護、お疲れ様です^^b
この世で、一人しかいない方ですから、一生懸命面倒見てあげてくださいね^^b
でも、だからといって、ムリにムリを重ねるような介護は禁物! 介護する方だけでなく、介護される方にもストレスになって、症状の悪化など悪影響が出ちゃうから。
できれば、早いうちから、近隣の施設を利用できるといいんだけど・・・・・・
がんばれ^^ノ
Posted by くまのすけ at 2009年04月23日 11:30
自分の親の衰えって認めたくないですよね。
私の両親はまだ元気なのですが、それでも「え・」って時には気づかない振りして現実から逃げてます。

子供も親も心にゆとりのある状態で介護に当たれる環境になればいいなとまだ現実じゃない状態では理想を持ってるんですが、現実は厳しいですよね。
もっと初期から介護する人が孤独に、責任感に押しつぶされないように守ってあげられる制度、そして介護される人がいつまでも誇りを持てる制度があればなあ・・
Posted by ヘレンケラー at 2009年04月23日 19:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117919344
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。