2009年06月10日

タロット占い、願い事にまつわる落胆

タロット占いに限らず、願い事が叶うのかという相談をよく受けます。

願い事が叶わなければ落胆が大きいのは十分理解できます。しかし、全ての願い事が叶わなかったわけではないのでは?と考えたことはあるでしょうか。

タロット占いで私が使うウエイト版のタロットカードの小アルカナにカップ(聖杯)のタロットカードがあります。

カップ(聖杯)の5というカードは、私達が願い事や物事の一部しか目を向けていないことを指摘しています。

絵柄としては、落胆している人間の前に倒れているカップが3つ、その人の後ろには立っているカップが2つあります。合計5つのカップ(聖杯)があります。

タロットカードの説明書の中には、「本人が願っているようなことは叶わない、叶わなかった」というのが第一の解釈としてあります。
しかし、本来は「失望、落胆」というのが解釈としては最初の候補に挙げてもいいのではないかと思っています。

もちろん、タロット占いのスプレッド(展開法)によっては、「あなたの願いは叶わないでしょう」という結果になることも多々あります。

しかし、この絵柄に描かれているように、5つの聖杯のうち、2つはしっかりと立っているのです。

現状での願いは叶ってないかもしれないけれど、長い目でみれば叶う道や可能性を探ることも無駄ではないのでは?と思いませんか。

「隣の芝生は青く見える」と英語圏での諺(ことわざ)にありますが、それに通ずるものがありますよね。

私の、あなたの願い事は本当に叶っていないのか、叶わないとしたら、叶うべきものではなく、他に叶う願いがあるのではないか、と冷静に考えることも必要なのかもしれませんね。

タロット占いにも、不景気の影響で仕事、お金、将来のことへの不安の相談が増えていますが、「私、僕は、何をやってもだめなんだ」と思い込んでしまっている場合が多いときに、このようなタロットカードが出てきます。

落胆するのも人生ですし、落胆の隣にある将来の実りの種が転がっているのも人生だって思いますが、楽観的過ぎますでしょうか。
posted by The Empress. at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!

占いで思うのは、基本的に悩んで迷って自分に自信がない人が相談に来るのではないでしょうか。
これが基本的な人物像だと思います。

だから、自信家や科学主義者などは絶対に占いなどしないし、しても最後は自分を信じます。というより
男性より女性の方が占いを信じるのかな。


まぁ、私としては「占い」は星の科学なので正確に使えばより運命が好転する事が可能だと思っています。


まぁ、相談者は誰かに話を聞いてもらいたい部分もあるのでうまく慰めてあげてくださいね。(悲観者には特にね・・・)

ちなみに神に願い事をする場合、本人にとってよくない結果が出る場合は、願い事が叶わないようになっています。
Posted by ラーマ at 2009年06月11日 12:35
かなわないほうが結果的には本人のために良かったなんてことだってありますよね。
たとえば恋がかなわないのは、本当に結ばれるべき相手がほかにいるから・・とか。
この会社に入社できなかったのは、ほかにもっと自分にあった会社があるから・・とか
そう・・そうやって考えなきゃ!!
Posted by ヘレンケラー at 2009年06月11日 19:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121234582
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。