2009年06月12日

逃げた〜女房にゃ〜未練はないが?

先日、お気に入りのブログにコメントを書いたのですが、このブログでも書きたい!書かねば?と思ったことです。

最近見た夢で、あまりにも強烈なものがありました。
夢の内容は全く覚えてないのですが、何故かその夢の中で「逃げた〜女房にゃ〜未練はないが。。。」という懐かしい曲?

母にその曲のことを話したら、「あなたが赤ん坊だったころ、お父さんが背中にあなたをおぶって、よく歌っていた曲よ」だそうです。
何故に今頃になって、この曲が夢の中で流れたのか、一体「夢」の内容はなんだったのか、気になります。

占いとは関係ないように思えますが、考えてみると、占いの鑑定をしているプロの占い師の方達は、相談者が育ってきた環境などが現在の相談者の問題に直結していたり、問題の解決方法に対する態度に影響していることを感じていると思います。

純粋無垢の状態でこの世界に生まれたときは、白いキャンバスのような私達の心に多くの情報を自分の五感や周りから、どんどん吸収して育っていきますよね。

その過程で、どなりつけられるように育てられたのか、無視(二グレクト)されて育ってきたのか、褒められて育てられてきたのか、育ての親や大人たちの影響は計り知れないものがあります。

占いの相談で、解決方法を探っていながら、「この解決方法は伝えても、相談者には難しいかもしれないなあ」と思ったりするときは、相談者の潜在意識の中に「私なんて」とか逆に「私なら絶対○○よ」という対応が既に見えてしまうときなんですよね。

多くの場合、家族関係が上手くいってなかった環境に育ったとか、必要以上のプレッシャーの中で育ったとか、その人の抱えている根本の心の問題の解決が、相談者の問題解決に必要なときも多いんです。

私の母は、「お父さんは、赤ちゃんのころ溺愛していたのよ」と言われても、もの心ついたときには暴力の世界にいた私にとっては、やはり受け入れられない存在だったりします。
まあ、何もしてないのに小学生の頃、ある日突然呼ばれて、父の手の甲(バックハンド)で頬を思いっきり殴られて、驚きのあまり痛みも忘れて呆然としたこともありましたっけ。

父がその後酔っぱらって言い訳したのは、「従業員が緊張感にかけていたから、はっぱをかける意味で、お前を殴った」って。。。私はパンチボールじゃないどんっ(衝撃)

言葉の暴力もすごかったですね。今でもスゴイけど、無視をする防御体制と、カウンセリングで「父が育った環境を考えると父も不幸な家庭環境に育った人なんだ」と頭では理解してますけどね。

でも、やっぱり心は正直ですよ。物理的な暴力や言葉の暴力以外に愛情表現を知らない、知ろうとしない父という存在を受け入れるのは難しいことですね。

私のようなケースの方も、占い相談者の中には結構いらっしゃいます。
言葉の暴力って物理的なものよりも、心を傷つける分だけ長く傷が残るんですよね。

占い師に求められるカウンセリング的な部分をもう少し勉強したほうがいいのかなと思いながら、本来の占いをもっと高めていくのが先かと悩むことがあります。

それにしても、一体どんな状況の夢で「逃げた〜女房にゃ〜未練はないあ」って歌がでてきたのか、知りたいですね。
退行催眠でも受けてみようかな。。。
posted by The Empress. at 19:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「逃げた女房に・・」って逃げられそうな予感がしてたのか?それとも男に赤ん坊を見させるなんてみたいなアピールだったのか?
それにしてもいきなりの暴力・・
昨日のBOSSでも子供時代の虐待のために心を病み?多重人格になってしまった犯人の話でしたが、何故かどんどんエスカレートすること、子供が自分に対して自信を持てなくなること、「そういう親にはなるまい」と思いつつ何故か連鎖を生むこと・・
決して教育やしつけではないこと・・
許されないことだと思います。
しかし・・私にも歌いながら、赤ちゃんをおんぶして昔風の半天のようなものを着込み、何故か頭には鉢巻のおじさんの図がはっきり見えたのは何故?
Posted by ヘレンケラー at 2009年06月12日 20:11
なんだか、不思議な夢だねぇ〜?
ほんと、どんな状態で、そんな歌が出てきたんだろうねぇ〜?
たまたま、お父さんの背中で聞いた歌だったみたいだけど、本当にお父さんと関係のある内容の夢だったのか?
それとも、まったく関係がなかったのか?
興味深いねぇ〜^^ノ
Posted by くまのすけ at 2009年06月13日 13:37
こんにちは!

退行催眠に関してはかかりやすい人と
かかりにくい人がいます。

すごく否定的であったり、疑い深い人などが催眠にかかる事はありません。

それにしてもThe Empress.さんならうすうす分かると思うのですが、すべては過去からの因果で物事がなりたっております。

お父さんとの関係はどちらかというと辛い関係ですが、それも前世の為せる業だと思って前進してくださいませ。

Posted by ラーマ at 2009年06月13日 18:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。