2009年07月01日

タロット占い:今日行った美容室のオーナーはソードのキングの逆位置状態?

今日の午前中からお昼にかけて美容室にいたのですが、オーナー(あまりお店に顔を見せないとおもっていました)、なんだか機嫌が悪かったようです。

既にお客さんは3人ほどいて(午前10時半ごろかな)、オーナーがカットやメイクをしていたんですね。
私と他愛無い会話をしていた若い男性のほかのお客様への気配りがなってない、という感じだったのか、大きな声でレジのほうに呼んだり、イライラ感のオーラを放出していました。

お店の中はお客も含めて一瞬シーンとなったような状態。

タロット占いでいうところの、ソード(剣)のキングの逆位置のような人だなあ、って思いました。

ソード(剣)のキングは、玉座に座り冷静な顔(厳しい顔と見る人も)で座っています。

職業でいうと、ソード(剣)といわれるように、刃物系を使う仕事についている人中でも、外科医、美容師、料理人(和食系が多いかも)などが代表的です。

他には、刃物のように鋭い言葉や分析能力に長けているということから、作家、ジャーナリスト、評論家、アナリストなどと判断することがあります。

性格的には、正位置であれば:冷静沈着で状況判断をするのが素早い、他人の感情や批判にも冷静に対応する、など「冷静」という言葉が一番あっているキングかもしれません。

このタロットカードが逆位置になると、ちょっと手に負えない性格になるんですね。
「我がまま」、「感情をあらわにする(しすぎる)」、「攻撃的な批判をする」、最悪な場合は「刃物で人を傷つける」なんてのもあります。

私の実家も商売をしていますし、父は料理人(和食)、お弟子さんが住み込みで働いていたころは、怒鳴り散らすことも日常茶飯事でした。

ただ、事務所にお客様がいらしているときは、さすがに黙っていたようです(母に諭されてからかな)。

サービス業では、従業員の教育や態度を注意することもオーナーや店長の仕事ですが、お客様がいる場所で見せてはいけないことってありますよね。

私は、私と話していた若い男性に「私が話しを長引かせなければ」と思ったぐらい、悪いなあって思ってしまいました。
でも、そういう風にお客さんに思わせてはいけないんですよね。

注意するなり、怒鳴るならお店の裏でっていうのが鉄則でしょう。
それが、タロット占いで正位置で見るソード(剣)のキングの姿であるべきですね。

イライラするのは誰でもあるけれど、自分が上の立場にいるということ、サービス業に従事していることを忘れないで欲しいですね。

私も感情の起伏が激しい?から、気をつけないと。
posted by The Empress. at 19:21| Comment(2) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!

端的にいいますと私がこのような体験をしたら
この店には二度と行かないと思うし、知り合いに喋ると思います。

このオーナーはサービス業をしていることを自覚する必要があるのではないでしょうか!

何気に「口コミ」にはおそろしい力があると思います。
具体的な店名を書いていないので被害はでませんが、実名入りで影響力のある人が発言したらこの店「潰れる」かもしれないなぁ〜〜〜!


といいつつ「霊性沈着」の人になりたいなぁ〜凹凸
Posted by ラーマ at 2009年07月01日 20:32
本来、裏でやるべきことを、表でやるなんて、なに考えてるんだろうねぇ〜?
イライラしようが、機嫌が悪かろうが、それを表に出さないようにしないと、客商売、一気に評判が落ちちゃうのにね><b
ヤな経験だったねぇ〜><;;;
Posted by くまのすけ at 2009年07月02日 11:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。