2009年09月05日

ソード(剣)の3、4、6で「母の入院」です

ソード(剣)のタロットカードの話を最近書くことが多いのですが、今回もソードのタロットカードになってしまいました。

親が高齢になると、いろんな病気や症状で入退院を経験することが多くなってきますよね。

今週は、月曜日に会ったばかりの母が火曜日の朝に胸の痛みをうったえて、入院ということになりました。
10年ちょっと前に心筋梗塞でなんとか生還したので、定期健診も受けていたのですが、認知症も重なったせいか、薬を長期間飲み忘れていた、ということが原因らしいです。

父と妹夫婦のいる家に戻ったこともあり、家族が「薬を飲んだ?飲んでね」という言葉をかけても、30分もしない間に忘れてしまう母の状態もあるので、誰を責めるわけにもいかないですよね。

しかも、入院する1週間前から胸の痛みが始まったというから、「もっと早く言ってよお〜」ってな気持ちです。

病気関連の場合、タロット占いだと小アルカナのソード(剣)が出てくることが多いですね。次にワンド(棒、杖、wand,rod)のカードかな。

何度もブログで書いてますが、病気とかは専門家(医者ですね)に診てもらうのが一番です。占では、どのような占い方法(占術)でも確定的なことは言えませんからね。

民主党が政権を取ったものの、高齢者の医療制度を改革できるか不安ですね。親の年齢もあるし、自分達の年代もこれから先のことを考えると不安ばかりって感じですし。

今年2回目の母の入院ですが、今回は持病の「心臓」ということもあり、退院後はしばらくの間、私と一緒に暮らして薬や食事の管理をすることになりそうです。

まあ、本来マンションのリフォーム後に私と住む予定だったのが、父を一人残してはいられない、ということだったのですが、自分の症状が理解できないのが(理解しても忘れてしまうのかな)、見ていて辛いです。

独身の私にとっては、高齢の親の入院とか、テレビの「孤独死」のニュースを見ると、すっごく落ち込みますね。

地方でも、楽しいグループホームが増えることを期待します。
posted by The Empress. at 21:45| Comment(4) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!


お母様に関連した事について書きますと
「痴呆」については「食物」と「言葉」が左右すると霊的な教えでは言われています。


すなわち「頭を鈍化させる食物」と喋りすぎなどは記憶力を減退させるそうです。


今の状況でも食事内容をコントロールする事によっての改善が見込めると思っております。

具体的には野菜の生食と「ゴマ」が効くと思われます。
それと食事量は小食の方が効果大で砂糖類はカットする強靭な心が必要です。


とまぁ、民主党に政権が移行しますが、日本人が安心して暮らせる「政」を行って欲しい事を強く願いたいですね。

お母様の症状、ご心配ですが、
なんとか食のコントロール頑張ってくださいませ。


ちなみに最後の手として「断食」は全ての病に効きます。本気で正しい断食に取り組めば「痴呆」や他の病すらも改善しますよ。


頑張ってくださいませ凹凸
Posted by ラーマ at 2009年09月05日 23:27
折角、政権交代が実現するのだから、もっと介護とかのサービスや施設が充実するといいのにね><ノ
すこし期待したいんだけど・・・・・・
期待はずれに終わっちゃそう><
Posted by くまのすけ at 2009年09月06日 13:14
兄弟も居ず、年齢から言えば、親だっていつかは・・そう思うと他人事とは思えません。

気がつくと、驚くほど年をとっている我が親に「いつのまに」と衝撃を受けますが、私だっていつの間にか高校生からかなりの大人に・・・

弱いものが暮らしやすい社会に
やってきたことが認められ安心して暮らせる社会になることを願ってます。
Posted by へレンケラー at 2009年09月06日 17:51
こんにちは。
お母様の具合はいかかでしょうか?
ヘレンケラーさんもおっしゃっているように、弱いものが暮らしやすい社会になるといいですね。
お大事に・・・。
Posted by ★クロ☆ at 2009年09月06日 18:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。