2010年05月16日

魔術師の道具などをご紹介

たまには、占い師という側面を出す記事も書かなければということで、魔術道具をご紹介?

占い師という職業を始めると不思議にも東洋の呪法や西洋の魔術(白魔術系が多し)を勉強し始めることも多くあります。

占いのお客様相手というのもあるでしょうが、魔術のきっかけは「場や空間の浄化」のようです。私の場合や私のタロット占いの先生の場合も「浄化」というのがきっかけでした。

願いごとによって、ろうそくの色(キャンドルというほうがオシャレかも)が異なってきます。
まあ、「空間の浄化」とか「精神の浄化」など「浄化」全般には白のろうそく(キャンドル)が一般的です。

西洋魔術の場合には、西洋の乾燥ハーブを使うことが多いです。
「浄化」で一般的なのは、ホワイト・セージです。インターネットで、いろんなパッケージのものを購入することができますよ。

CIMG0402.JPG
明かりの上から写真を撮ったので、私の腕の影が邪魔してます。。。
この画像は、私が色によって使い分ける「ろうそく」の一部です。
最近は箱の中の肥やしになってますけど。。。

CIMG0403.JPG
これは、右から、ホワイトセージを糸で巻いたもの(焚いて煙で場所を浄化させるのです!魔女っぽい?)、巻いてない状態のホワイトセージ(ちょっとだけ炊きたいときに)、シナモン・スティックそしてローズ・ぺタルとラベンダーをミックスしたもの(恋愛の魔術に使われます)。

CIMG0404.JPG
巻いてないホワイトセージ。上のお店とこちらのホワイトセージは別のお店で購入しました。
マンションやアパートなどの集合住宅では、火災報知機などの問題もあるので、巻いてないもので量を調節できるように販売されているのがお勧めかも。

これらの道具類?を使う前には、東洋も西洋もお風呂に入って、体を清めるというのは原則。

ただし、黒いマントを羽織るようなことは不要です。
気分を盛り上げたい?という方は、黒いマントなり、クロのロングドレスで魔術師になりきってください。
私は普通に、ジーンズにカットソー(Tシャツだったり)で行ってました。
posted by The Empress. at 19:37| Comment(2) | TrackBack(0) | おまじない・開運 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私が少女だったころ「おまじない」「魔術」といえば両想いになるでした。

浄化しなければならないもの、いっぱいあるかも
まずは自分の心の中整理しないと・・
Posted by ヘレンケラー at 2010年05月17日 19:13
こんばんは!

何気に魔術には興味があります。
といいつつ、場の浄化は重要だと思います。


といっても私はお香とマントラで浄化をしています。
最後に一つのご質問ですが、この世で最も精度の高い占いは何だと思われますか?!


私は東洋占星術かなと思っています。
Posted by ラーマ at 2010年05月17日 19:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。