2010年08月19日

医者の診断の重み

医者って自分の診断の重みを感じているのでしょうか、という疑問がわいた昨日の母の認知症の受診でした。

私が現在住んでいるのは、青森県の弘前市です。
青森県には国立大学が1つで、医学部のある大学はこの弘前(ひろさき)大学にしかありません。
競合する他校がないせいか、地元では「弘前大学医学部 イコール エリート」という図式のようです。(うーん、正直2流ともいえないレベルかと)

さて、問題は弘前大学医学部付属病院、脳神経内科から週一で出向している認知症の担当医に母が受診した昨日のできごとなんです。

湘南厚木病院にて、弘前大学では行っていない脳のPET検査などの受診結果を伝えたときのことです。

去年の4月、母はアルツハイマー型認知症と診断されたのですが、「脳のMRIでは、脳の萎縮はありません」と言われたのです。

今年の7月の脳の単純MRIでは、海馬などの当たりに萎縮がはっきりとみられました。
このことを弘前脳卒中センターの認知症担当医に伝えたところ、「私の説明が悪かったのかもしれませんが、去年の3月の検査で若干脳の萎縮はありました」と言われたのですがく〜(落胆した顔)

海外での生活の中でERも含めカナダと米国の医師とのやり取りをしてきた私としては、このような医師の説明不足があるということ自体信じられないという気持ちでした。

去年の3月に脳の萎縮があったのにもかかわらず、定期的なMRIの検査もなく、別の病院の検査で脳の萎縮が診断されると、「実は。。。」という話し。
田舎の医師は患者に対して全てを開示する責任と義務があることを医師のモラルとして理解していないのでしょうかexclamation&question

次回の受診のときに、母の脳のMRI検査をするということになりましたが、7月に湘南厚木病院で受けた検査結果は画像診断も含め、検査結果として書類で頂いているので、患者側からすれば「もう1度脳のMRI検査をしても、弘前のモラル欠如の医師のデータになるだけなのに」という気持ちが先行してしまいます。

去年の診断のときに、脳の萎縮があることがしっかりと伝えられていれば、私は母の認知症の最新検査を今年の夏まで引き延ばすようなことをしませんでした。

去年の夏の段階で、知り合いの医師も含めて、もっと早く認知症の検査をしている病院を調べたのに。。。

弘前大学の医学部付属病院の医師のレベルの低さを書くたびに、他の方のコメントでも医師のレベルの低さとモラルの低さに関するコメントを頂きます。

患者やその家族を対等に扱っていない、「患者に説明しても無駄だから、必要最低限だけを伝える」という現実ではこの地域の医学の向上は期待できませんよね。

日本が抱える様々な問題の1つだと思いますが、政治家が身内で権力闘争をしている限り、「明るい日本」へ踏み出すことは難しいなあ、と感じたりもしました。

しかし、なんでこんなにヤブ医師ばかり多いのでしょうか、この弘前という地方は。

posted by The Empress. at 16:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
知識もあって主張もできるThe Empressさんだから、他の病院での検査などのことも主張できお医者さんも向き合ってくれ、認めてくれたのでは?
「お医者さんの言うことだから」って患者と「自分が偉い」なお医者さんではどうなることか?

大変な病気と向き合わなければならない患者のことをもっと考えてほしいですよね。
Posted by ヘレンケラー at 2010年08月20日 20:20
やっぱり競合相手がいないっていうのが決定的なのかもね><;;;
どんなことでも、ライバルがいなければ、努力しないし、漫然とすごしてレベルが向上しないわけだし・・・・・・
どこの世界でも、独占的な存在って、ろくなものじゃないのかもね><ノ
Posted by くまのすけ at 2010年08月22日 14:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/159937790
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。