2011年01月03日

おせち料理にがっかりのお正月

おせち料理を初めて購入した2010年。

「イタリアン料理の某有名シェフ(KT)のプロデュース!」ということで楽天市場や他のネット販売をされていた一重15000円以上のものを購入。(2段のものは21000円強だったかな)

12月30日に冷凍で受け取り、食する12時間前から涼しいところ(玄関先は寒いですが)で自然解凍という指示がありました。

CIMG0445.JPG

値段の割りに小さい!横でも30cmないような感じ。まあ、画像のように小さいカップを何個も置いてその中に料理を配置というもの。

イタリア料理をベースにした西洋料理の「おせち料理」ということでしたが、美味しかったのは大抵のデパ地下で購入できるような「白いんげん豆のマリネ風サラダ」とか「スモークサーモン(下にはショートパスタ)」やテリーヌ系。

しかし半分はまずくて食べるのを断念もうやだ〜(悲しい顔)
「イタリア風ハンバーグ」は入れモノが小さいために、サイコロ・ステーキのような形状。ソースが・・・まずい(好みといえば好みなの問題なのか)。

ローストした鴨に煮含めたゴボウ。鴨がまずいバッド(下向き矢印)

最悪は、フォアグラをキレイにこした上にラズベリー系のソースがけ。フォアグラってもっと美味しかったような。
これだったら、鳥レバーのパテとかのほうがよかったかも。フォアグラのパテ系料理は非常に難しいんだと思います。
素材の味が全面にでるからかもしれないですよね。

そうそう、ハープ入りソーセージもまずかったバッド(下向き矢印)

値段に関わらず、大量生産系の「おせち料理」に味を期待してはいけないと思っていたのです。
でも、「もしかしたら美味しいものもあるのかも」と思い、初めて「おせち料理」を購入したんですよねえ。

実家の単品系料理のほうがよかったなあ。アワビの丸ごとステーキとか。伊勢海老の焼ものグッド(上向き矢印)

青森県(津軽地方だけ?)では当たり前の「甘い茶碗蒸し」(栗の甘露煮はMUSTアイテムらしい)も登場。京都や東京・横浜での暮らしも長かったので、「甘い茶碗蒸し」だったというのを「ケンミンSHOW」で再確認。
しかも、栗の甘露煮がないといけないらしい。

いずれにせよ、料理の基本は味ですよね。

新年の挨拶が最後になってしまいました。

あけましておめでとうございます。
本年も昨年同様「不定期投稿」ブログを応援してくださいませ。CIMG0445.JPG
posted by The Empress. at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/178134628
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。