2011年01月04日

年が明けても「政治と金の問題」で混乱

年が明けても、政治の世界では「政治と金の問題」をめぐって無駄な議論が続いているようです。

この問題がニュースに取り上げられてから大分時間が経ちますが、幹事長を辞任した後、現在の官首相の内閣になってからさらに問題は深刻化しているだけですよね。

「来年度予算は可決させます」という当たり前のことを与党の議員は言っていますが、当たり前のことをやるのなら与党になった自覚を持って小沢氏の政治資金問題に一定の決着を早期にしてもらいたいものです。

今年の半ばにも首相が変わって総選挙なんてことになるかもしれないし、最悪の場合は首相という「お飾り」の顔だけを変えて民主党は与党として生き延びようと考えるかもしれません。

自民党政権のときに「国民の意見を聞くべき!」といって、総選挙にまで発展させたので、次の首相を選ぶときは党内選挙で、というのも無理があると思います。

政治家の方達は、欧米諸国は経済の低迷が続いているので日本の政治、外交、経済が世界的にみて影響力が考えている以上に低下していることを感じていないようですが。
日本の輸出業政策や国内経済活性化の問題などの解決をしないでいると2,3年後の日本経済の状態は恐ろしいことになっているような気がします。

ツギハギ的な解決策でなく、抜本的な政策で日本の政治と経済を変えないと後手後手の対応すらできない状況になるように思われます。

国会議員も、内向きにならざるを得ないような今の状況を打破しようと真剣に考えないのでしょうか。
選挙で当選することだけが目標で、議員としての「志」ってないのかも。哀しいなあ。
posted by The Empress. at 23:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ま、議員さんも、お仕事してるから、自分の職や給料を守るのが先決なんだろうねぇ〜^^;;;
議員としての責任とか、義務とかよりも・・・・・・

かといって、議員さんたちが一生懸命仕事をすれば、日本がよくなるとは、おもえないけど^^;;;
むしろ、経済界の人たちが、国とかに頼りすぎてて、自分で考えて、新しい道を切り開こうとする意欲がたりないように思う><b
Posted by くまのすけ at 2011年01月08日 18:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/178487779
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。