2011年01月21日

占い会社も「話し相手」ビジネスに参入?

占い会社のインターネット上での宣伝で、「あなたの話を聞きます」というものがありました。

第三者にお金を払って話しを聞いてもらうというのビジネスへの需要が増えているという報道を見たことがあります。

実際インターネットで「話し相手」や「話し相手サービス」などのキーワードで検索すると、「話しを聞きます」というサービスを提供している会社が数社ほどありました。

お値段はリーズナブルなものから1分100円というものまであるようです。サービスの大半は、事前の予約が必要なので、電話占いなどのように「今話しを聞いて欲しいい!」という方には、まどろっこしいかもしれません。

愚痴を聞いて欲しい、親しい友人にも言えない話しがある、誰でもいいから心にたまっているうっ憤を聞いて欲しい、という人達が想像以上に増えているのでしょう。

占いというサービスも話しの大半は鑑定してもらいたい占いのことを中心とした心に溜まった不満を占い師に聞いてもらうというパターンなので、「占い」というサービスがなければ、割安で話しを聞いてもらえてスッキリするのでしょう。

逆に、占いビジネスをしている側は、今以上に「話しを聞く」ということも含めたサービス展開を進めていきそうです。

占いビジネスの世界も他のビジネス業と同様にお客様のニーズに合わせてその形態を少しずつ変えながら生き残る道を模索しているようです。

占い師には、占い以外に復活愛や恋愛成就をお願いするという占いの範疇を超えた依頼が多いので大変だと感じる占い師も多いはず(会社側が『恋愛成就』などを宣伝しているせいなんですが・・・)。
話しを聞くことが仕事になるのであれば、プロの占い師なら収入が大幅に減っても精神的に負担軽減として、「話しを聞く側」のビジネスに転職する人達も増えるかもしれませんね。

私自身、占いしながら「この問題は占いで本来解決できるようなものではないような」と感じるときに、「話しだけを聞くという仕事もありかな」と考えるこのごろです。
posted by The Empress. at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/181803524
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。