2011年02月14日

偶然が重なった土曜日・韓ドラの見すぎかも?

偶然って重なるもんなんですねえ。

先週の土曜日(12日)の深夜からCNBLUEのライブをTVで放送ということもあり、スカパーの番組の録画予約を設定。

その日の午後、たまたまTVのチャンネルを変えたら、「K-POP Information」とかいう番組が始まりました。
そして、ゲストはなんと「イケメンですね」でジェルミ役を演じていたイ・ホンギ 君がボーカルをしているFTIslandだったんですわーい(嬉しい顔)

初めて聞く曲ばかりだったけれど、PVではなくスタジオ内で生ライブという貴重なもの。
パープル系の赤い髪に染まったイ・ホンギ 君は大分 男の子らしく見えました。20歳前後だから、お肌もツヤツヤなんだよね。

そして、その夜は「僕の彼女は九尾狐(くみほ)」という昨年韓国で放送された(日本でも放送されてますが)番組を録画。
脚本家が「イケメンですね」と同じだったので、カメオ出演ということでコ・ミナム/コ・ミニョ 役を演じたパク・シネ ちゃんが出てました。

主演のイ・スンギ演じるテウナ役の高校時代の後輩という役で・・・「高校の後輩のコ・ミニョです」なんていって可愛かった。

このカメオ出演についての情報は全然知らなかったので、嬉しいサプライズでした。

今後は、「イケメンですね」の男子3人をドラマ同様にA.N.Jellのメンバーとして出演させるかもしれないとか。楽しみです。

そして、CNBLUEのライブ。
去年の暮れ近くのZepp Tokyoでのライブ(全国のZeppでのツアーの最後だったようです)。
韓国のロックバンドという肩書きを考えないで、素直に聞いて欲しい!と思うぐらい荒削りだけど将来性のあるロックバンドでした。

ベース、ツインギター(ギターが二人ということです)の3人とも歌えるし、曲のほとんどは英語だったり、日本語で作詞・作曲された曲もありました。

「イケメンですね」に出演していたチョン・ヨンファ 君はツインギターのうちの一人。CNBLUEの曲も結構作ってます。ラップの部分はヨンファ君の担当らしい。

ポップロックという感じです。正直、FTIslandよりもバンドとしての技術は上ですね。
さすが、2009年から東京などで路上ライブをしたり、小さなライブハウスでがんばってきた経験が形として出てました。

「去年は他のバンドがZepp Tokyoのステージで演奏しているのを2階の席から見ていました。ここで演奏できて嬉しいです」という素直な感想にお姉さま世代(お母さん世代?)としては、「カワイイなあ」と思ってしまいました。

韓国ではソウルという大都会でも東京のようなライブハウスの数はないという話を聞きました。
東京で語学学校に通ったりして、バンド活動をしてきて去年韓国でメジャーデビューしたとか。

「イケメンですね」が韓国で放送されたときに「チョン・ヨンファって誰?」というのが韓国芸能関係者の間で言われていたそうな。
全くの無名の新人が、既に人気のある同世代と共演したので驚かれたんでしょうねえ。

ちなみに、チョン・ヨンファ君にとっては初めてのドラマ出演だったのに、周囲は「これが初めての演技だとは思えない。以前にドラマ出演をしていたのでは?」という疑惑まででたそうな。
チョン・ヨンファ君も20歳ぐらい。

韓国の芸能人の方達は男女問わず、お肌がキレイなのよね。若いだけではなく肌がキレイです。
美容大国である韓国の本領発揮?

というわけで、先週の土曜日は嬉しい一日となりました。
posted by The Empress. at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/185935119
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。