2011年03月24日

やっとトイレットペーパーをゲット!

やっとトイレットペーパーをゲットしましたexclamation×2
先週、今週と知っている範囲のスーパーやドラッグストアでトイレットペーパーを探していたのですが、全く品切れの所もあれば、商品が入ったけれど売れきれてしまった、ということの繰り返しでした。

毎日通っている近所のデパート内のスーパーで今日の午前中にトイレットペーパーをゲットできたんですグッド(上向き矢印)

青森県の弘前市内でも、特にティッシュペーパー、トイレットペーパー、生理用品、紙おむつ系は品薄です。電池が品切れなのはもちろん。

ガソリンも未だに足りていません。

被災地を優先するのが現時点では当たり前なのでしょうが、政府が発表している「モノはあるんです」という言葉を聞くと、「あるならどこに行けば購入できるのか教えてくれよー!」っていう気持ちです。

日本海側の物流ルートや東北自動車道を緊急車両のみに限定開放していたのが裏目にでたために、物資を運ぶ燃料の確保に時間がかかり過ぎたような気がします。

広範囲に及び被災地域とはいえ、岩手県、宮城県など2,3箇所に対策本部を設置して、中央と地方の公務員を動因するほうが被災地の声が直接届くのではないでしょうか。

政府の行動は、「対策用の大臣を増やす」とか、今すぐに実現可能なことででもなく必要でもないことを行おうとしているのが不思議です。

被災地の人々や物流が切断されて物資がこない二次的被害の地域では、「大臣よりも食料や燃料です」。

被災地域では役場そのものの機能がなくなっているところもあるようです。県のマンパワーでは把握できない状況なので、こういうときこそ「政府の力」をフル回転させるときなのではないのでしょうか。

今の政府の対応は、どこかがズレているんです。そのズレが被災地の人々の援助の遅れにつながっています。

国民の目線と政治家の目線がずれているから「ズレ」が生じているのでしょうか。
リスク管理などの専門家や有名大学の教授が復旧や復興の話しをテレビでしても、その考えをもっと実践に移せるような人達との連携につなげなければ、単なる批判と批評で終わってしまいます。

縦割り行政の日本社会で、大災害のときに必要な横の連携を起動させるには、官僚のネットワークを利用しまくるぐらいの指導力が必要です。

一体、誰がこの国のリーダーシップを握っているのか見えてきません。
posted by The Empress. at 14:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日、家の近所のスーパーが全国放送されたのだけど、買占めが起こって、品薄になっているって話・・・・・・
被災地から遠く離れている奈良だというのに・・・・・・?
こんなところで買い占めて、どうするのだろう?
いまいち理解に苦しむ><b
Posted by くまのすけ at 2011年03月26日 17:43
お久しぶりです、明るいネット生活の管理人です。

私は福島県福島市に住んでいるので今回の大震災には参りました。特に原発の影響が大きすぎる。

結果的に今は福島から離れて俗にいう避難生活をおくっています。pcがないのでiPhoneでかいています。


ちなみに明るいのブログはIDがわからないので更新できなくなってしまったので新しいブログを作りました。

東日本大震災ブログ

という名前です。
それにしてもいつになったら原発が止まるのか。
Posted by ラーマ at 2011年03月27日 16:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/192281000
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。