2011年05月11日

カビの除去をしながら

カビの除去。。。
Walk-in-Closetの隅のほうをチェックしたら、今年もカビが繁殖しておりましたがく〜(落胆した顔)

北国、古いマンション、リフォームで作ったWICで換気扇なし:ということだとカビが繁殖しても仕方がないのでしょうか。

結露という問題もあるので、隣接する部屋の窓側の下に去年はカビがありました。

除湿機を頻繁に活用しているのですが、一度カビが繁殖したところは再び繁殖しやすいのかもしれません。

WICに関しては、今年のカビの繁殖状況は去年に比べれば少なかったほう。
一応床の隅全てにスノコを使い、湿度に応じて除湿機を使用。さらに、膨大な量の除湿剤(湿気の多い時期にドラッグストアで大量購入!)を年中使用。

ここまでしたのに、恐る恐るチェックしたWICの壁際のスノコにはしっかりとカビがたらーっ(汗)

今年は、インターネットの某企業の情報を使い:
まず、除菌アルコールでカビのはえている部分とその周辺を乾いた布でふき取り、少し乾燥させる

そして、漂白剤(業務用を原液で)をスプレーして、乾いた布でふき取る
という作業をしました。

漂白剤は去年カビ除去用として業務用の強いものを購入したものです。
狭い面積だからとマスクをせずに漂白剤をスプレーしたせいか、少しの間気持ちが悪くなってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

WICの横の側面の下のスノコの状態はまだチェックしてないんですふらふら
長方形の浅いボックスを重ねているのですが、その列が3つほど。。。高さも胸の高さまであるし、箱をどかすって大変と思ってしまい、昨日の作業は正面の部分だけで終わってしまったんですよね。

しかし、カビは1箇所にできたら同じ部屋の流れに沿って繁殖する可能性は大。
今週中に見たくないものを見なければならないか。

最近のマンションのようにWICが最初からついているところは、24時間可動の小さな換気扇がついているのが一般的のようですが、古いマンションでリフォームでWICを作ろうとしたときに「24時間換気扇」というのが頭に浮かばなかったんですよね。
これが戸建てであれば、簡単に外壁に通気孔をあけて、という作業が後からでもできるのですが、マンションは外壁は「共有部分」なので勝手に穴をあけられないというのが難点。

普段使っていない和室の2部屋のクローゼットと押入れは暖房も冷房も使うことがほとんどないし、基本的に押入れの戸は開けっ放しという状態なので、カビの問題は発生しておりません。

毎日使う部分のほうにカビが繁殖しているというのも困りものです。
節電も大切だけど、冷房の除湿機能と除湿機1台ではカビには対抗できないから、小型の除湿機を購入しようかな。

これから梅雨の季節になりますが、カビで悩まされているというお家ではどのような予防法や対処をされているのでしょうか。
是非とも知りたいです。
posted by The Empress. at 20:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カビ掃除大変そうでスねぇ〜><
我が家は、冬でもあちこち開けっ放しで、風がよく通っているせいか、ほとんどカビとか見ることはないのだけど、そのかわり、猫がいるせいか、抜け毛のまわりにホコリがくっついて、部屋の隅にゴロゴロ塊になって転がっています^^;;;
って、こまめに部屋を掃除すればいいだけの話なんだけど・・・・・・
う〜ん・・・・・・
面倒くさッ!
Posted by くまのすけ at 2011年05月14日 15:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/200526440
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。