2011年07月31日

韓国ドラマやK-Popが増えるのは批判されることなのかな?

韓国ドラマの放送枠が某チャンネルで多いとかなんとか、という批判を言った俳優の方が事務所を辞めたとか。

K−Popのアイドルグループや歌手の方達の東日本大地震への復興支援活動(主にコンサート?)に対してもネットでは「韓国で稼いで金だけ日本に送れ」とか「本当は日本が嫌いなくせに」という批判のコメントが多いのが残念です。

私は韓国ドラマもK-Popも大好きですが、エンターテイメントと政治問題を同じ次元で、しかも関連付けて批判するのは筋違いのような気がします。

日本のテレビ局が制作費などの問題などで韓国ドラマを放送しているとしても、台湾のドラマでも香港のドラマでもなく「韓国ドラマ」を選んだには視聴率とも関係しているのではないでしょうか。

エンターテイメント(show business)の世界は、「売れるものを売る」(非合法はだめよ)のが原則。
「CS放送で見ろ」という批判する日本人もいたりするのですが、民放各局で週一程度で放送される映画は洋画や他のアジアの国のでもOKなんでしょ?

どうして、平日のドラマ枠に他の国の作品を放送するのが嫌なのかな。
放送局の姿勢が嫌だ!というのであれば、それは「韓国ドラマ」云々ではなくて、安易に制作費を削減する方法ばかりを考えて質の高いドラマを制作しない放送局側の問題なのでは?

青森県では某8チャンネルの放送局がないので、月9とかが曜日を変えて放送されるくらいで、お昼のドラマ枠なんて地方に住んでいる人達にとってみれば「一体何のこと?」って感じです。

哀しいのは、エンターテイメントのことを話しているのに領土問題のことなどに関連して批判する人がいることですね。

アジアの国々からすれば、太平洋戦争の侵略者「日本」は誠実な謝罪をしていないと未だに見られているのだから、歴史や政治についてはエンターテイメントと切り離して考えて欲しいです。

posted by The Empress. at 20:38| Comment(1) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まあ、韓流を選んだのは視聴者なのだから、批判するのはどうかという意見はよく分かるのだけど^^;;;

フジテレビは、いま、平日昼に2時間韓流ドラマの帯があって、計10時間放送してます。
それに対して、日本のドラマは、月9など夜間に4時間、地方製作の昼ドラ計2時間半、合計6時間半のドラマ枠があります(これらにプラスして計5時間の再放送ドラマ)。
日本のドラマより韓流ドラマの方が時間が多いっていう状況では、批判が出るのは仕方がないのかも・・・・・・
しかも、この上、K-POPの歌手たちを音楽番組だけでなく、ワイドショーやら、バラエティやらでとりあげている状態^^;;;
ちょっとフジテレビはやりすぎたかも・・・・・・
どうせやるなら、韓流にばかりこだわらずに、華流だとか、東南アジアだとか、ボリウッド(インド)だとかもどんどん紹介すればいいのに^^ノ
韓流で成功したなら、他の国のでも、案外うまくいきそうな気がするな^^b
Posted by くまのすけ at 2011年08月06日 17:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。