2012年02月25日

「平均」の意味がわからない大学生がいる?

「平均」の意味を正しく理解してない大学生が24%もいるというネットニュースを見てがっくりしましたたらーっ(汗)
驚きよりも、「おいおい、冗談でしょ?」という気持ちです。

疑問なのは、大学進学を決めるときに「偏差値」で受験校を絞りませんでしたか?
多分ですが「平均」または「平均値」を正しく理解していないとされる学生も高校三年生のとき(進学校であれば中学あたりからか)には、希望校の偏差値と全国模試の自分の偏差値を比べてみたはず。

平均がわからないけれど「偏差値」は理解できるってありえないでしょう。
「偏差値」を理解していないけれど、志望校や合格しそうな大学の偏差値と自分の模試の偏差値を「数値のすり合わせ」をしていただけってことになりますわな。

「平均」がわからないと「中央値」はもっと理解できてない可能性が高い。
「中央値」がわからないと「偏差値」の意味が理解できるはずがない。
だって、「平均偏差」と「標準偏差」の違いが理解できないじゃないですか。

「中央値」と「平均値」でこんがらがって大変だった生徒が多かったのを中3の数学で記憶してますが・・・

偏差値は別にしても、大学に入学できた生徒の24%が正しい理解ができてないっていうのは、「ゆとり教育」のせい?

「ゆとり教育」を受けたことがないので、「教科書が非常に薄いし、文字がデカイ」と甥達の小学生のときの教科書を見て驚いたぐらいです。

「ゆとり教育」の本来の目的って学生に必要なことをじっくりと教える環境を整えてあげることではなくて、教えることを減らしただけってことなんでしょうか。

友達同士で食事や飲み会に行って「割り勘」の計算ができればまあそれでいいのか。

大学卒業が就職のための「資格」となってしまっていて、「何を勉強して、どの程度の成績だったのか」なんて大抵の企業は興味がないだろうし。

しかし、「平均」の意味をしっかり理解していない生徒が入学してきたら、大学1年生のときの教授は戦々恐々ですよね。
「高校1年生のレベルの授業をやり直す」って感じなのでしょうか。それじゃあ、大学の講義の意味がない。

中央官僚の考えることは日本をどんどん悪化させていっているようです。
今の医師不足も1980年代の官僚の政策のせいだもんね。
私達は「絶対近いうちに医者が足りなくなって。歯医者だけが増えて、歯科医院が倒産するよね」って言っていたことも現実になったし。

「ゆとり教育」の「ゆとり」って一体何を目的としたのか教えてください!
posted by The Empress. at 00:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 気になったニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このニュースを見たときに、正直、世も末だって思ったのだけど^^;;;
でも、問題文を見るかぎり、どうなんだろうね^^;;;
平均の定義を、3つか4つの選択肢から選ぶ問題^^b
で、正解の他に中央値だとか、件数の最も多い値だとか^^;;;
平均の定義に隣接しているような概念のものばかりを並べて、選ばせれば、そりゃ間違えるわな、なんて思ったりも^^;;;
多分、ゆとり以前の詰め込み世代の人たちにも、同じ質問をすれば、同じにように間違えるかも・・・・・・
Posted by くまのすけ at 2012年02月26日 15:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/253900544
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。