2012年03月03日

福島から避難の子供、保育園入園拒否される

福島から避難の子供、保育園入園拒否される」というネットニュース(毎日新聞)を見て心が痛みました。

「申し立てた避難者は、自分の子供が住宅近くの公園で遊ぶのを自粛するように、近隣住民から言われた。」

「更に、保育園に子供の入園を希望したところ、原発に対する不安の声が他の保護者から出た場合に保育園として対応できないことなどを理由に、
入園を拒否されたという。」

以上のような概要です。

福島からの避難者の方達と放射能汚染されている人やモノを同一として考えること自体が「無知」の恐ろしさと「風評被害」の怖さを物語っていますもうやだ〜(悲しい顔)

去年の3月11日直後は「絆」とか「被災地、被災者への支援」という言葉が多く見受けられたのですが、心無い一部の人たちの言動や行動が、福島からの避難者を苦しめているというのは皮肉です。

私達は、自然な状態でも微量の放射線を浴びて生活しています。
これは、太陽系に住み、太陽や地球の恩恵を受けている以上、自然に存在するものです。

第二次世界大戦のおり、広島や長崎の原爆投下で、原爆の風評被害で健康な人までも「広島、長崎出身」というだけで人権侵害を受けたことを忘れてしまったのでしょうか。

「福島からの避難者だから子供の近くで遊ばないで、この保育園には入園しないで」という言動は一体どのような根拠があって言ったのでしょうか。

避難先で二次、三次的な被害にあっているようなものですよね。

日本人というよりも、人間として心が痛みます。
posted by The Empress. at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になったニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。