2012年11月10日

田中文部科学相 暴走の果て

このブログのタイトルとは関係ないし、閉店状態だったのですが、田中文部科学相の3大学の不認可発言から一転しての「認可」発言に関して、インターネット上での意見に疑問を持ったので記事を書きたくなりました。

そもそも、文部科学大臣直轄の「大学の新しい学部又は大学の設置・開校について」の審議委員会の決定(各論といえるでしょう)に関して、田中大臣が「現在の日本の大学の有り方や新設のあり方にたいする総論」をごちゃ混ぜにして自論をもとに「不認可」発言をしたのが騒動の大元なのはわかっています。

ただ、インターネット上や報道される意見の中には、

「認可下りないうちに事を進める大学側にも問題があるのでは」とか

「少子化なのに大学増やしても大丈夫なのか」
という意見が多くでたのも確かです。

認可前に建物の着工を開始したり、完成させたり、教員などの人材の確保は、そもそも文部科学省が大学の新設の認可のための事前審査において、大学側にかされた一定の条件です。
決して、大学側が勝手に先走って何億もする建物を建てたわけではありません。

3大学が田中文部科学大臣の土壇場での「不認可発言」に憤慨したのは、それまでに文科省からいろいろな基準を満たすように言われ、その都度大学側が従ってきたにも関わらず、それまでの努力を無にするようなことをしたかでしょう。

私達は、大学側に「なんで認可を受けてないのに建物を建てるの?」という無知な質問を投げかける前に、大学設置までに文科省がどれだけの条件を提示したり、天下り先のポジション確保まで求めていることを理解しなければなりません。

2つめの意見である、「少子化なのに新しく大学を開校して大丈夫なのか」というのは総論としては筋が通っていると個人的には思います。

ただ、今回の3大学の場合の2つ、札幌保健医療大学と秋田公立美術大学に関しては少子化とは違う「学ぶ機会」の問題があります。

北海道は全国で2番目に看護師不足に陥っているところです、専門学校ではできない高度な治療に対応できる看護師の育成や衛生学などを学びたいと思っている看護師予備軍にとっては「大学卒」である必要性もあるのです。

また、秋田の公立美術大学は、北海道と東北地方には「美術大学」が存在しないという問題の解決の1つになると期待しています。
都市部だけに集中する美術大学に通える地方の学生がどれだけいるでしょうか?

美術大学に限らず、地方の学生は経済的な問題で学びたい学部がある都市部の大学で学べないという「学ぶ機会」を失っているのです。

地方の大学進学率を都市部の大学進学率と比較してみてください。
主な理由は学生の能力よりも経済的な問題による進学断念が多いのです。

生徒集めのためだけの面白半分の講義をもうけている一部の大学と一緒にしてもらいたくないです。

私の住んでいる青森県は医学部のある大学が1つしかありません。150万人の人口の県に医学部のある大学が1つしかないのです。
そして、常に「医師不足」が問題になっています。
少子化は進みますが、高齢化はもっと加速度的に進んでいきます。

地域にあった大学の新設に対してもう少し理解をしていただけないかと切に思います。

それにしても、田中文科相大臣はやってくれましたよね。小泉政権のときの外務大臣のときにあれだけ官僚をあわてさせたのに、野田首相が何で大臣のポストをあたえたのか疑問でなりません。
posted by The Empress. at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になったニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/301257434
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。