2009年11月04日

ソード(剣)の4で腎臓病の私の日々。。。

占ってもどうにもならないのが「病」ですね。たらーっ(汗)

母の心臓のカテーテル手術(2回にわけて行われました)、術後の在宅介護、そして自分の体調を大幅に壊してしまい。。。という、タロット占いでいえば、ソード(剣)のカードがメインになりそうな日々ばかりです。

不幸中の幸いと思っているのは、先月の23日に病院で具合が悪くなったということですね。
最高血圧が240ですもんね。

今も最高血圧は高めですが(140台ぐらい)、「急激に落としていくと「めまい」などの不調が起きるのよ」と医師に言われて納得しました。

個人病院だけど、歩いていけるところに信頼できる循環器の専門医がいるって安心ですね。
ソードの王様のような医師、もしかしたら、ワンド(棒)の王様タイプかな。

専門分野の勉強を怠らず、オジイチャン、オバアチャンにも優しい感じの医師です。まあ、津軽弁を混ぜてキツイことをしっかり言っているようですが。

循環器系は命取りの臓器が多いですからね。

これからは、腎臓のために大好きなステーキを1ヶ月に1度程度で我慢しないといけないのか。。。悲しいですうもうやだ〜(悲しい顔)
posted by The Empress. at 18:38| Comment(2) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

塔のタロットカードのような一日でした

塔(The TOWER.)のような一日って、どうゆう感じ?と思われるかもしれませんね。

今日の場合は、「予期しない事が起きたり、波乱含みの」という感じでしょうか。

小アルカナのワンドの7の逆位置でも似たような意味になりますね。

今日、免許の更新に行ってきたんです。
私に届いた郵便2通(免許更新関連)には、重大なことが書かれていなかったのでしたがく〜(落胆した顔)

重大なこと:免許更新センターが10月5日から新しい場所になったこと。(これを書かずして、なんのための免許更新のご連絡なんでしょうか?)

午前の受付時間の変更:朝の9時から9:45の45分間で終了。
午後も同じく45分間だけの受付時間。

弘前市の人口って、18万人近くあるんです。
さらに、初めて即日交付できる体制になったらしいのです(これは初めて知りました、どこでも即日交付だと思っていたのですが)。

即日交付となれば、今まで青森市の免許センターに行っていた人達も弘前市内で更新などをするはず。

職員の方も非効率な順番(視力検査とか)を行っているせいか、手際が悪いのなんの。今までと同じ仕事なのにね。

先週、免許更新に行っていればタクシーを使って新しい場所にいくこともなかったけれど、今週だから即日交付だったですよね。
複雑な気持ちです。

でも、肝心の免許センターの場所の移動の日程を知らせないような、通知書(古いセンターの地図と時間帯が書いてあるのみ)だけでは意味がないような気がしました。

不満が渦巻く不気味な免許センターで過ごした午前中の時間は、なんともいえない感じです。
posted by The Empress. at 17:50| Comment(4) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

買い物カゴの中身を大声で言いながら見るオバサンにびっくり、ワンドの5のカード?

食料品の買い物にいった夕方の事件です。

レジを済ませて、エコバッグに食料品をつめようとしていたところ、向かい側にいたオバサンと娘がいたんです。オバサンは、私の買い物カゴを恥ずかし気もなく覗きこみ、声を出して「カニのお寿司もあったのね。美味しそう。生春巻きのサラダもあるわ。」って。exclamation&question

あのー、他人の買い物カゴをチラッと覗くのはありますが、本人がいるのにカゴの中を覗きこむようにして、何を買ったかが分かるように独り言?を言ったババア(失礼、オバサン)は生まれて初めてですがく〜(落胆した顔)

娘も止めないないどころか、一緒に覗こうとしたので、カゴを移動した私。田舎だからか?と思ったけれど、常識のない人間はどこにでもいるはず。

正直、都内や横浜での買い物のほうが、ズーと楽だったような。
1年半以上も住んでいるのに未だに弘前の田舎度合いに慣れません。

「覗き」って、ワンドの5とかの逆位置の小アルカナのタロットカードで表されることもあるけど、他にはペンタクルにもあるような。

「覗き」だけでなく、一般常識から逸脱している場合は、逆位置のワンド系のタロットカードかペンタクルのタロットカードが多いような気がします。

本人が「覗き」と思ってない場合は、心や常識のバランスが崩れている可能性が高いので、ペンタクル(金貨)のタロットカードになるのですが。

それにしても、不愉快な体験でございました。
posted by The Empress. at 20:10| Comment(4) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

話題のドーナッツメーカー、欲しいけれど必要なのか?

Edelのドーナッツメーカーが、「油不要」でホットケーキミックスを使ってできるということでネットで結構売れています。

「欲しいなあ」と思ってパソコンの画面を見ながら、「でも一、二度使ったら飽きちゃうかも」と考えると、無駄遣いかなとも思ってしまいます。

タロット占いでは、金銭的な問題の場合、無駄遣い、貧乏カードとして、ペンタクルの5というタロットカードが有名です。

絵柄も冬のような背景と建物の前には、貧乏そうな二人が描かれています。

もちろん、金銭的なものだけでなく、心の豊かさの度合いなど多方面で解釈できるのですが、お金の問題になると「貧乏カード」なんですよね。

欲しいものと、必要なものは別というのを自分の頭に叩き込まないと、ついつい買ってしまうので反省しております。

誰でも、何度かは「どうして、こんなのが欲しかったんだろう」というものがあると思っているのですが、度が過ぎると買い物依存症になっちゃうので気をつけないと。

歩いていけるところのミスター・ドーナッツが閉店になったのが去年の秋なので、自分のところで手作りドーナッツを!と思ってみたのですが。

いろんな種類を見ながら選べるから楽しいのかもしれませんよね。
posted by The Empress. at 16:35| Comment(4) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

ソード(剣)の2、ペンタクル(金貨)の2で認知症と考えられるかな?

認知症を患っている私の母が1週間の入院から退院して、久しぶりに私のマンションで一泊していきました。

やはり、実際に生活してみると、「認知症が進行しているなあ」と実感しますね。
私の前では、自分の気持ちをある程度正直に出せるのか、私と話していると笑いと同時に、「どうしてこんなもの忘れをしてしまうようになってしまったんだろう。」と言って泣きじゃくる母がいます。

精神状態のバランスをタロット占いで占うと、バランスという点では、ソード(剣)の2やペンタクル(金貨)の2というカードが頻繁に出てきます。

共通点は「2」という点です。感情だけでなく、人間関係のバランスや周囲との調和のバランスという意味でもこの2つのタロットカードは重要です。

アルツハイマー型認知症の初期段階のため、正常な状態の自分(脳の神経回路が上手くつながっているって感じでしょうか)と「何がなんだか分からない」という状態を行ったりきたりするようです。

徐々に、正常な状態が少なくなるのは理解しているつもりですが、私以外の家族には訴えられない「自分の中での病気との葛藤」や「やるせない」というか「情けない気持ち」を話せる相手がいるだけでも、母にとっては精神的にはいいのかもしれませんね。

でも、子供のように泣きじゃくる親を見るのは辛いものです。
「良くなるよ」というウソが通じるわけでもないし、「がんばろう」ともいえないし。
「がんばってどにかなる」っていう病気じゃないんで。

私ができることといえば、とにかく母の話を聞いて、母がスッキリするのを待つ程度でしょうか。

認知症の治療は動物実験では先進国で色々な成果が出ているのですが、人体に応用できるものは少ないようです。

日本の厚生労働省は海外の治療薬の認可に長期間をかけ過ぎるのですが、お役所仕事というか、有名大学の医学部の教授や製薬会社とのお膳立てがないと、ことが早く進まないという現状に腹が立ちます。
posted by The Empress. at 23:37| Comment(1) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

ソード(剣)の3、4、6で「母の入院」です

ソード(剣)のタロットカードの話を最近書くことが多いのですが、今回もソードのタロットカードになってしまいました。

親が高齢になると、いろんな病気や症状で入退院を経験することが多くなってきますよね。

今週は、月曜日に会ったばかりの母が火曜日の朝に胸の痛みをうったえて、入院ということになりました。
10年ちょっと前に心筋梗塞でなんとか生還したので、定期健診も受けていたのですが、認知症も重なったせいか、薬を長期間飲み忘れていた、ということが原因らしいです。

父と妹夫婦のいる家に戻ったこともあり、家族が「薬を飲んだ?飲んでね」という言葉をかけても、30分もしない間に忘れてしまう母の状態もあるので、誰を責めるわけにもいかないですよね。

しかも、入院する1週間前から胸の痛みが始まったというから、「もっと早く言ってよお〜」ってな気持ちです。

病気関連の場合、タロット占いだと小アルカナのソード(剣)が出てくることが多いですね。次にワンド(棒、杖、wand,rod)のカードかな。

何度もブログで書いてますが、病気とかは専門家(医者ですね)に診てもらうのが一番です。占では、どのような占い方法(占術)でも確定的なことは言えませんからね。

民主党が政権を取ったものの、高齢者の医療制度を改革できるか不安ですね。親の年齢もあるし、自分達の年代もこれから先のことを考えると不安ばかりって感じですし。

今年2回目の母の入院ですが、今回は持病の「心臓」ということもあり、退院後はしばらくの間、私と一緒に暮らして薬や食事の管理をすることになりそうです。

まあ、本来マンションのリフォーム後に私と住む予定だったのが、父を一人残してはいられない、ということだったのですが、自分の症状が理解できないのが(理解しても忘れてしまうのかな)、見ていて辛いです。

独身の私にとっては、高齢の親の入院とか、テレビの「孤独死」のニュースを見ると、すっごく落ち込みますね。

地方でも、楽しいグループホームが増えることを期待します。
posted by The Empress. at 21:45| Comment(4) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

民主党圧勝はワンドの6のタロットカードのよう

民主党の劇的な圧勝による政権交代になりますね。

「政権交代になる」というのは予想の範囲内でしたが、自民党や公明党の超大物議員が落選するというのは想定外でした。
地元の住民の人たちは感じていたかもしれませんね。

勝利といえば、タロット占いでは、小アルカナのワンド(棒、杖)の6というタロットカードを一番最初に思い浮かべます。

勝者がかぶる月桂樹の葉の冠をつけた一人が、馬に乗り他の者を統率している絵柄のタロットカードです。
微妙なところは、馬には脚が見えないほどの長い布で覆われているという点です。
勝利の後には何が起こるか、待っているかわからない。本当の「勝利」といえるのか?という考え方もできますね。

勝利をするということは、選挙(総選挙か)の場合は、その後の政権の主導権を握り、周りをコントロールする力を得るということになります。

今回の総選挙では、民主党の議員の方達がここまでの圧勝を予想してなかったのでは、ないでしょうか。
議員たちは、民主党の政策を選んだというよりも、「自民党以外の政党を選んだ」ということを実感しているはず。

これからの言動、行動全てが国民の鋭い視線にさらされることに、恐怖感を抱いているかもしれませんね。

「官僚を使いこなす」と言っているのは頼もしいのですが、日本の中央官僚の姑息なほどの抵抗力は底なし沼のようなもの、民主党の議員には選挙以上の壮絶なバトルが待っているって感じですね。

それにしても、小選挙区と比例代表制度が一緒にあるというのは疑問ですね。ドイツなども比例制度がありますが。。。

大切なのは、本物の二大政党体制になることですよね。
そうすれば、国民の一票の重さが増します。国民に目を向けた政策を実現する社会に早くなって欲しいものです。

16年ちょっとかかりましたが、小沢氏は与党の黒幕に再びなったわけですね。なんだか時代劇のような雰囲気がするのは私だけでしょうか。
posted by The Empress. at 22:17| Comment(1) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

芸能人の麻薬事件報道で消化不良気味です

酒井容疑者や押尾容疑者、特に清純派?で売っていたといわれる芸能人の麻薬事件の連日の報道に消化不良気味です。

朝の番組(「はままるマーケット」があってよかった。)、お昼の番組、果ては夕方の報道番組まで連日報道されている状況って少し異常な気がします。

マスコミ関連については、コミュニケーション関連の「節制」のタロットカードや、小アルカナのソード(剣)やペンタクル(金貨)のタロットカードが出てきます。

視聴率主義だからでしょうが、総選挙という国民にとって、この時期一番大切な話題に関する報道の時間が少なすぎるって思いませんか。

罪を犯したことは悪いことだけれど、いちいち容疑者が「こんなことを取調べで言っている」という話や、「今思えば的」映像を垂れ流ししているのに辟易します。

朝とか昼の番組は、報道番組っていうよりも、エンターテイメントだから仕方ないかもしれないのですが、夕方のニュース番組までとなると、「2週間以上もよく飽きずに報道できるなあ」って別な意味で感心しますね。

ジャーナリズムというよりも、テレビ版タブロイドなんでしょうね。

posted by The Empress. at 22:33| Comment(3) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

ワンドの8のタロットカードみたいな状態か、忙しい日々から自堕落な日々へ

自堕落な日々を過ごしているので、ブログの更新が1週間に一度のペースになりそうな感じですふらふら

これって、タロット占いでタロットカードを1枚引きしたら、ワンド(wand,棒、杖)の8という小アルカナのカードの状態かも。

ワンドの8というカードの絵の構図は、8本の棒が左側横上から右側下へ向かって流れている(投げられている途中?)というものです。
人物は描かれていません。

正位置だと「物事が活発に変化している、しつつある」とか、「結果が出る、近々出る」というような意味があります。
引越しや旅行の場合にも出るカードですね。

ワンドの8が逆位置になると、「やっていることを放りだす」、「開き直る」、「動きがとれない、とろうとしない」などの意味になります。

確かに、マンションリフォーム前の業者選定から、実際のリフォームでのトラブル問題、リフォーム完了後にも出てきたトラブル解決で結構動き回っていたので、そのときはワンドの8の正位置の状態だったのかも。

それが、脱力感からか、体調不良からか、「何もしたくない、する気になれない。眠っていたい。」という自堕落な日々に転落あせあせ(飛び散る汗)

まあ、ワンドの8だけでは、正位置でも逆位置でも「好ましい状態」にあるのかまでの詳細はでないのですが、手軽に「今の自分の状態ってどうかな」と軽く占うには、1枚引きのほうが楽です。

本格的に占うとしたら、自分で自分を客観的に見つめるのは大変なので、スプレッドに出てくる何枚ものタロットカードが読み解くのが困難ってなことになるので、この場合は信頼できるプロの占い師に頼みますね。

posted by The Empress. at 21:31| Comment(5) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

カップ(聖杯)のカード7には、薬物中毒の意味も

タロット占いの小アルカナのタロットカードに、カップ(聖杯)の7というカードがあります。

最近の私は、引越しやリフォーム終了後にも出てくるトラブル(カーペットの下からホッチキスのデカイ釘が。。。)、体調不良を理由に自堕落な生活をしておりましたあせあせ(飛び散る汗)

優柔不断な状態や、行動をしないで「こうだったらいいのになあ」なんて妄想にふける状態のときに、カップ(聖杯)の7のカードが正位置で出てきます。

絵柄でいうと、自分の前に7つのカップに地位、名誉、お金等、多くの人が望むものがかかれています。
たった1つのカップだけは、布で覆われていて中身が何かわかりません。
これが「本当に必要としているもの」、「欲しいもの」ということをいわんとしています。

そのほかに、「妄想」ということから、薬やアルコールなどの依存症の場合にもこのカップ(聖杯)の7のタロットカードが出てくることが多いです。

精神的に弱いときでも人間は働いたり、勉学に勤しまなくてはいけないときがあります。そんなときに、現実逃避だったり、気分を変えるような手っ取り早いモノの手を出すことがあるでしょう。

最近多くの芸能関連の違法薬物の問題などを占ったら、カップ(聖杯)の7のカードが出てくるのではないでしょうか。

人間には、煩悩がたくさんありますが、私には「それが人間らしい」と感じます。
人を傷つけたり、迷惑をかけるような行為をすることは別ですけどね。

布で覆われたカップ(聖杯)の中身を知るには、自分自身の心が真直ぐになってないと見えないようになっているんでしょうね。
posted by The Empress. at 21:19| Comment(4) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

休息が必要なソード(剣)の4という状況でした

引越しという一大作業もあったせいか、心身ともに「休息」が必要だった状態でした。

タロット占いでは、小アルカナのソード(剣)の4というカードの正位置って感じでしょうか。

ソード(剣)の4の絵柄は、戦士が教会の中のような場所で横たわっている状態が描かれています。祈るように両手を合わせて静かに横たわっている感じです。3本の剣(ソード)は壁に立てかけられ、残りの1本は体の横に置かれています。

意味としては:休息している、休息を必要としている状態(心身ともに)、体力や気力の回復を必要としている、激務などから開放された、ということも意味します。

まあ、後半にトラブル続きだったマンションリフォームで心身ともに疲れきった状態に、引越しという作業があり、ダブル、トリプルの神経が休まらない状態にあったのが、この小アルカナのソード(剣)の4というタロットカードが出たのでしょう。

しかも、システムキッチンが非常に使いにくいということを実際に使ってみて発見。
食器の水切り棚が電動で上下に作動するのですが。。。
梁(はり)のせいで、キッチンと水切り棚の位置がほぼ同じという笑えない状況がく〜(落胆した顔)

「梁(はり)のせいですね。」という言葉で片付けられてしまったのですが、やはり建築、とくにキッチンなどの水周りは実際に家事をする女性や男性の意見を多く聞いて情報を得ておくべきですよね。

この点では、業者もそうですが、私も不勉強でした。

結果的に電動の水切り棚は物置場所に。。。
なんとも高くついたシステムキッチンです。

タロット占いでは、ソード(剣)の4は正位置よりも逆位置のほうが若干良い意味で解釈されるのですが、いずれにしても「疲れている状態」にあることにかわりはありません。

温泉にでも行きたいなあ、と思っている間に、引越しで腰や背中を痛めて、自分の年齢を実感。接骨院に通う日々です。
日々の運動不足を解消しないとexclamationと気持ちだけは焦ってますあせあせ(飛び散る汗)
posted by The Empress. at 22:52| Comment(3) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

ソード(剣)の女王 VS ペンタクルの8の逆位置

タロット占いで見る、私のマンションリフォームの「私」と「業者」の対決は、ソード(剣)の女王の正位置とペンタクル(金貨)の8の逆位置の模様をていしています。

原因:
マンションリフォームは業者は「終了しました」と言ったのですが。
なんと、私が選んだトイレと異なるトイレが取り付けられているではありませんかexclamation&question

既に、数々のリフォーム業者の間違いを指摘しながら、なんとか冷静にキツイ言葉で対応してきた私。
ここで逆上しては、ソード(剣)の女王の逆位置になってしまいますからね。

ソードの女王は、基本的な考えに「白か黒か」、「無罪か有罪か」という、YesかNoの選択を持つ女王です。タロットカードの小アルカナの4人の女王の中で最も男性的とも言われています。

ペンタクルの8は、正位置であれば良い意味のカードなんです。
絵柄の構図は、1本の木の下で作業台の上に座り、熱心に金貨を作っています。

主な意味としては、「まだ未熟であるが、自分の修行を怠らない、勉強熱心、努力をおしまない」、というようになります。

これが逆位置になると、「惰性で仕事をする、努力を怠る、大雑把な仕事をする、ミスをごまかそうとする」、という悪い意味になります。

最後まで問題を残しているこの業者の社長は、大工としてはそれなりの技量があるのかもしれませんが、サービスを提供する業者という点では失格としかいいようがありません。

努力を怠る以前の問題です。

トイレのオーダー間違いの原因は、明らかです。
前任の担当者(社長の息子)が私がカタログから選んだトイレを正しく注文しなかった、という単純なミスです。
なんのために、私にカタログを見せて選ばせたのか意味がないではありませんか。

10日間近く前に、「リフォームをしているのは私のマンションです。注文を依頼しているのも、支払いをしているのも私です。私が打ち合わせで言ったことをその通りにしていただければ、間違いは起こらないはずではないでしょうか。」ということで、担当者をかえてもらったのに、なんの意味もなかったようです。

私が悪意にみちた言葉を言い続ければ、タロット占いとしては、ソードの女王の逆位置ですが、そこまで自分をおとしめる必要はありません。

正しいのはどちらか、「私」か「業者」かです。
私が選んだ設備を間違えてオーダーした業者のいずれが正しいかの問題です。

ペンタクルの8の逆位置を選んだのは、この業者が「そのトイレでも使えないことはないですよね。」と言ったことです。
サービスの基本すら分かってない、それどころか、自分達のミスをお客がのめば、問題はなくなると考えている、決してあってはならない態度に怒っているのが、全く分かってないのです。

占いだけでなく、全ての職業は日々勉強、精進が必要です。
それができないのであれば、できるようになるまで休業するか看板をおろすべきです。

追記

オーダーしたトイレが取り付けられていないのに、「要らないのでとりつけないでください」とお願いした、馬鹿でかいウッドデッキはしっかりついてます。

業者いわく、「それがあると洗濯物を干すときに便利だと思って」だそうです。
業者の自己満足やマスターベーションのために、私の大切なマンションのリフォームを利用するのはやめてもらいたかったです。

posted by The Empress. at 21:36| Comment(3) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

タロット占い:忘れていたスプレッド、ヘキサグラム(変形編)

タロット占いのブログという初心にもどらなければ、と思っていたときに、実家の自室で見つけたタロット占いを真剣に勉強していた頃のノート(何冊目かな)にヘキサグラム スプレッドという展開法の変形編を見つけました。

基本のヘキサグラム スプレッドは7枚のタロットカードを使います。
変形編は12枚のタロットカードを使うんです。

基本のヘキサグラム スプレッドは、7枚のタロットカードで質問に対する結果(Yes,Noなど)を出すものです。

@過去
A現在
B未来
C対応
D周囲(周りの環境)
E願望
F結果

というようなことを示します。

ただ、実際にタロットカードをテーブルに置くときは、

      1.過去

  5.周囲         6.願望


       7.結果

  3.未来         2.現在


        4.対応

上記のように置くことが基本となります。

「なんで順序に並べないの?」と思いますよね。タロット占いを勉強し始めた頃の私も同じように疑問を持っていました。
こればかりは、このスプレッド(展開法)を考えた人物(天国にいらっしゃると思います)に訊くしか本当のところは分からないんですよね。

まあ、ヘキサグラムのスプレッドのときは、このようにタロットカードを置く、と覚えるしかないんです。

タロット占いの場合、スプレッドでタロットカードを置くときは、解釈するときの順番とは別の位置で置くことがほとんどです。

勉強ノートを読んでいくと、丁寧にタロットカード位置を描いて、例題の質問のタロットカードの意味を解釈したことを書いて、というように、1つの質問に2ページぐらいを使ってました。

「あの頃の純粋な探究心を思い起こさねば」と思ったりして、部屋の掃除は「心」の掃除にもなっているようです。

純粋な心を取り戻し?つつあったところに、マンションリフォームでのトラブルが。。。

打ち合わせの意味が全くないじゃないかちっ(怒った顔)
とリフォーム業者に怒鳴ってしまうような、クローゼット(1間半の押入れの3分割)の順番と大きさの間違いを発見exclamation×2

タロット占いで工期期間内に指示通りの内容で完成するか訊きたい気持ちです。
マンションリフォームもタロット占いの勉強も情熱を維持して闘うのは大変ですもうやだ〜(悲しい顔)
posted by The Empress. at 19:53| Comment(2) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

タロット占い:恐怖の歩行者現る!

恐怖な歩行者が現れましたあせあせ(飛び散る汗)

車を運転しているといろんな歩行者や他のとんでもない運転をしている車に出会うものですが、今回は気持ちが悪いって感じの歩行者なんです。

タロット占いでいうと、タロットカードの小アルカナのペンタクル(金貨)の2の逆位置という人でしょうね。

ペンタクルの2というのは、絵柄の構図は、金貨を両手に1つずつ持った人間がバランスをとりながら立っているというものです。

大雑把なタロットカードの意味としては、

正位置だと:精神的(仕事、金銭状態など)にバランスが取れている状態、バランスをとろうとがんばっている、不安定な要素がある、などの意味があります。

逆位置だと:バランスが崩れている状態、仕事、人間関係、金銭状態のバランスを取れない人、取ろうとしない状態(天邪鬼的)などの意味があります。

そして、この「恐怖の歩行者」なのですが、車が両車線から走ってきているのに、歩道の白い線はあるのですけれど、信号がないので歩行者側も注意という場所です。

私もその通りはいつも安全運転、ゆっくり運転で走ってます。
それが、その男性、突然車が走ってこようがお構いなしで歩き始めたんですexclamation×2

道路の真ん中で自由に止まり、他の車のときは動いてなかったのに、私の車が近づいたら、こちらをジーと見て、買い物袋を片手に堂々と歩いていきました。

昼間だったからよかったものの、夜だったりしたら明るい洋服とか蛍光ラインの入った服を着てくれないと見えないので危ない危ない。

それよりも、道路を車を気にせず我がもの顔で歩いているときに、私を見たときの眼が怖かったんですがく〜(落胆した顔)
なんていうか、何も考えてないような眼って想像できますか?そんな感じの眼だったんですよ。

「死んでもいいだよ」、「死ぬなんて怖くないさ」っていうレベルまできている眼でしたね。

ペンタクルの2のタロットカードがまさに逆位置って感じの人でした。

それにしても、冬だったら急ブレーキかけても引かれているのに。
精神的に何かあるんでしょうかねえ。
posted by The Empress. at 19:58| Comment(5) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

タロット占い:今日行った美容室のオーナーはソードのキングの逆位置状態?

今日の午前中からお昼にかけて美容室にいたのですが、オーナー(あまりお店に顔を見せないとおもっていました)、なんだか機嫌が悪かったようです。

既にお客さんは3人ほどいて(午前10時半ごろかな)、オーナーがカットやメイクをしていたんですね。
私と他愛無い会話をしていた若い男性のほかのお客様への気配りがなってない、という感じだったのか、大きな声でレジのほうに呼んだり、イライラ感のオーラを放出していました。

お店の中はお客も含めて一瞬シーンとなったような状態。

タロット占いでいうところの、ソード(剣)のキングの逆位置のような人だなあ、って思いました。

ソード(剣)のキングは、玉座に座り冷静な顔(厳しい顔と見る人も)で座っています。

職業でいうと、ソード(剣)といわれるように、刃物系を使う仕事についている人中でも、外科医、美容師、料理人(和食系が多いかも)などが代表的です。

他には、刃物のように鋭い言葉や分析能力に長けているということから、作家、ジャーナリスト、評論家、アナリストなどと判断することがあります。

性格的には、正位置であれば:冷静沈着で状況判断をするのが素早い、他人の感情や批判にも冷静に対応する、など「冷静」という言葉が一番あっているキングかもしれません。

このタロットカードが逆位置になると、ちょっと手に負えない性格になるんですね。
「我がまま」、「感情をあらわにする(しすぎる)」、「攻撃的な批判をする」、最悪な場合は「刃物で人を傷つける」なんてのもあります。

私の実家も商売をしていますし、父は料理人(和食)、お弟子さんが住み込みで働いていたころは、怒鳴り散らすことも日常茶飯事でした。

ただ、事務所にお客様がいらしているときは、さすがに黙っていたようです(母に諭されてからかな)。

サービス業では、従業員の教育や態度を注意することもオーナーや店長の仕事ですが、お客様がいる場所で見せてはいけないことってありますよね。

私は、私と話していた若い男性に「私が話しを長引かせなければ」と思ったぐらい、悪いなあって思ってしまいました。
でも、そういう風にお客さんに思わせてはいけないんですよね。

注意するなり、怒鳴るならお店の裏でっていうのが鉄則でしょう。
それが、タロット占いで正位置で見るソード(剣)のキングの姿であるべきですね。

イライラするのは誰でもあるけれど、自分が上の立場にいるということ、サービス業に従事していることを忘れないで欲しいですね。

私も感情の起伏が激しい?から、気をつけないと。
posted by The Empress. at 19:21| Comment(2) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

タロット占い、願い事にまつわる落胆

タロット占いに限らず、願い事が叶うのかという相談をよく受けます。

願い事が叶わなければ落胆が大きいのは十分理解できます。しかし、全ての願い事が叶わなかったわけではないのでは?と考えたことはあるでしょうか。

タロット占いで私が使うウエイト版のタロットカードの小アルカナにカップ(聖杯)のタロットカードがあります。

カップ(聖杯)の5というカードは、私達が願い事や物事の一部しか目を向けていないことを指摘しています。

絵柄としては、落胆している人間の前に倒れているカップが3つ、その人の後ろには立っているカップが2つあります。合計5つのカップ(聖杯)があります。

タロットカードの説明書の中には、「本人が願っているようなことは叶わない、叶わなかった」というのが第一の解釈としてあります。
しかし、本来は「失望、落胆」というのが解釈としては最初の候補に挙げてもいいのではないかと思っています。

もちろん、タロット占いのスプレッド(展開法)によっては、「あなたの願いは叶わないでしょう」という結果になることも多々あります。

しかし、この絵柄に描かれているように、5つの聖杯のうち、2つはしっかりと立っているのです。

現状での願いは叶ってないかもしれないけれど、長い目でみれば叶う道や可能性を探ることも無駄ではないのでは?と思いませんか。

「隣の芝生は青く見える」と英語圏での諺(ことわざ)にありますが、それに通ずるものがありますよね。

私の、あなたの願い事は本当に叶っていないのか、叶わないとしたら、叶うべきものではなく、他に叶う願いがあるのではないか、と冷静に考えることも必要なのかもしれませんね。

タロット占いにも、不景気の影響で仕事、お金、将来のことへの不安の相談が増えていますが、「私、僕は、何をやってもだめなんだ」と思い込んでしまっている場合が多いときに、このようなタロットカードが出てきます。

落胆するのも人生ですし、落胆の隣にある将来の実りの種が転がっているのも人生だって思いますが、楽観的過ぎますでしょうか。
posted by The Empress. at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

タロット占い、足利事件の被害者達

タロット占いで、「足利事件」の犯人として逮捕され、18年という月日を奪われた菅家さんの状態は、ソード(剣)の8というカードに象徴される状態だったに違いないと思う。

ソードの8は、目隠しをされ、体を縛られたまま立たされた人間が8本の剣で周りを囲まれているという絵柄です。
まさに、「八方ふさがりの状況」、「身動きがとれない」という意味にあっています。
さらに、このタロットカードには、「災害などにあい、動けなくなる」という意味もあります。

1990年5月12日に女児が殺され(性的暴行を受けた後がある)、翌年91年の12月に突然、菅家さんが逮捕されたのです。

当時のDNA鑑定の科学的証拠としては、米国での裁判でも信憑性が低かった時代でした。

1997年から今年まで、菅家さんの弁護団はDNAの再鑑定を裁判所に訴え続けてきたのです。

タロット占いでいえば、法王のカードが逆位置になっていた時期だったと解釈できます。
ここでタロット占いを勉強している方やプロのタロット占い師の方には、ペンタクルの3のタロットカードも含めて、この足利事件を読み解いてもらいたいですね。

法王のカードは正位置になり、あまりにも遅すぎた判断ではあったものの、菅谷さんは釈放されました。
今後の裁判も、「無罪」の判決が推測できます。

判決が確定したときには、タロット占いの大アルカナの「審判」のカードが正位置で出ることでしょう。

この事件は、3人の被害者を出してしまいました。
一人目は、殺された4歳の女の子。
二人目は、冤罪になった菅家氏。
三人目は、殺された女児の家族です。真犯人は時効になったため、分からないまま迷宮入りになる可能性が大きいですよね。

女児が殺された当時の殺人罪の時効は15年間でした。
1997年にDNA再鑑定が行われていれば、すくなくとも、真犯人を探す時間が数年間は残されたいたことになります。

タロット占いで、ペンタクルの3を上げたのは、警察、検察、裁判官の3つの機関があるからです。

司法に関わらず、国家権力に携わる人たちほど、「過ち」を素直にかつ迅速に認める義務があるはずです。
保身を考えていて、何が「法の平等」なのでしょうか。

私には想像もできない長い年月を刑務所で絶え、その前に脅迫めいた取調べで得たものを「自供」と言い、裁判にかけられ、親の死に目にも会えなかった。

ましてや、ご両親は「殺人者の親」というレッテルを貼られて、どれだけ心労があったことでしょう。

菅家氏にこのような罪をなすりつけた法の機関の責任は大きすぎます。
いかなる代償を持って、彼の失ったものに対して償いをするのでしょうか。
せめて、補償だけでも国がしっかりすべきだと思うのは、感情的過ぎるでしょうか。

さらに、真犯人が分からないままになった、ご遺族の気持ちも考えなくてはいけませんよね。
もっと早く、自分達の間違いを認めてくれていたら、真犯人を探す時間があったのに。。。と思うことでしょう。

タロット占いでいえば、ある意味で、ご遺族の今の心境もソードの8の状態といえるのではないでしょうか。


posted by The Empress. at 21:18| Comment(3) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

タロット占い、ペンタクルの2(逆位置)の保険外交員?

タロット占いで、我が家の某保険会社(First Life?)の保険外交員の性格を占うとしたら、ペンタクルの2(逆位置)のタロットカードが出てきそう。

ペンタクルは、ウエイト版のタロットカード小アルカナの4種類の1つです。金貨がモチーフなので、「お金、財産、資産など」がまず浮かびますが、「通信などの手段や言葉の使い方」という意味で読むこともあります。

何で某生命保険会社の保険外交員が「ペンタクルの2(逆位置)」かというと、「八方美人的な表現が行き過ぎていることに、本人が全く気づいていない」、結果的に顧客の気持ちを傷つけているという点で、ソードの5ではなく、こちらのタロットカードを選びました。

それには、次のような出来事が最近あったからです。

母の定額保険が満期になり、一定の金額が母の口座に振り込まれることになったのです。

私のマンションリフォームと重なったのは、単なる偶然だったのです。
問題の保険外交員が私と電話で話したときに、早口(津軽弁のイントネーション=分かりづらい)で、私に次のように言ったのですexclamation×2

「お母さんの満期になったお金もリフォームのために使うんでしょ?」
???
この人何をいっているの?というのが私の最初の感想です。
理解できなかった私は、2,3度「はぁ?」というのを繰り返したことを覚えています。(つい先週の出来事ですからね)

これってスッゴイ失礼だと思いません?
リフォームは「母の介護のためでもある」ということまでは言った覚えはあるけれど、リフォームのお金は私が出すお金ですexclamation

例えば、母から金銭的援助があったとしても、満期になっておりてくる保険のお金を当てにしていると直接顧客にいいますかね?
(満期で銀行口座に振り込まれる前に、前金でリフォーム代金の半分は払い込みが決まっているんだけど…)

さらに、親の意見で、保険の1つの受取人を「娘(私)にしたい」と言ったのに、「もう一人のお嬢さんがいるんだから、2つに分けるべきだと思います。後で問題になったら大変でしょう。」だって。

保険の加入者が受取人を変更したいと言っているんだから、その通りにしたらいいと思いません?
受け取り人が誰になっても、それはその家庭内でのいろんな問題があるからなんで、踏み込むべきところと、そうでないところを間違えているって感じかな。

タロット占いのペンタクルの2のタロットカードは、正位置であれば、「変化などに臨機応変に対応する」とか「相手に行動を合わせる」という意味があるんですが、まさに逆位置のパターンですよね。

昔、幼いころお世話になった同じ保険会社の外交員の方は、顧客が病院の院長や会社社長などがほとんどだったので、非常に言葉使いに気をつけてましたね。
着ているものも高価そうなスーツだった(幼心にそう思ったんだよね)。

それぞれの家庭の事情を知りながら、入ってはいけない一歩をわきまえているいるって、ああいう人をいうんでしょうね。今では珍しいかも。

地方の保険外交員だから図々しい度が高いのかもしれないけれど、失礼な話ですよね。

私は再び、ソードの女王(逆位置)になってしまったのでした。

あなたの近くにもいませんか、図々しく家庭の問題に口を挟む他人?

ところで、何で「第一生命のサイトに苦情や意見書くのに保険の証券番号が必須になっているんでしょう?」。
分からない場合は苦情を言うなってこと?
posted by The Empress. at 21:24| Comment(3) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

タロット占いだと、私は逆位置のソードの女王かな

タロット占いをすれば、ここ2,3日の私は「ソード(剣)の女王」の逆位置ってところでしょうか。

ソードの女王(正位置)は、女王の座に座り、横顔が描かれ、片手に剣を縦に持っています。

タロット占い、タロットカードでは、小アルカナのコートカード(重要なカード)といわれる1つです。トランプでいうところのQueenですね。

ソードの女王は本来、冷静沈着、合理的であり、公平な判断をするとされています。そのため、冷たいという印象を持つ人も多いでしょう。

このタロットカードが逆位置になると、「狭い心の持ち主」、「批判的、否定的な態度をとっている」などと判断されます。

なんで、私がソードの女王の逆位置な状態かというと、特に2つの業者に怒っているからです。(正当な理由があるんだけどね)

その1
2日前、某引越し会社(Black Cat)の「リフォーム引越しサービス(保管付)」の担当者が、商品の内容や「契約」ということを全く知らなかった人だったということです。

「お荷物の保管は青森市の倉庫会社にお客様が委託されることになります」といわれたときに、私は驚きました。exclamation&question

委託ということは、倉庫会社と委託契約を結ぶ当事者は「私」っていうこと?という疑問が出たからです。(商社法務部の出身なんで…)

担当者の方に、「すいませんが、この契約の当事者は御社と倉庫会社ではないのですか?それとも、保管については、倉庫会社と私が契約の当事者でしょうか?」と尋ねたところ、

「少々お待ちください」(だめだぁ、契約も委託という概念も知らない担当者だ)がく〜(落胆した顔)

この話の繰り返しの後、私はこの引越し業者の本社に電話、そして担当が代わったのでした。
なんと、最初の担当者は、去年は「保管の説明」をしっかりとしなかったので、新築の家に保管した荷物(カビがはえていた、梅雨の時期)が入ったことで、家中がカビに侵食され、1000万円を引越し会社が支払ったと、新しい担当者に聞きました。

でも、そんな担当者でもまだ会社にいるってことは、支店長とかどこかのお嬢さんってことかな。

その2
つい先ほどの事件。
今日は、某リファイン(松下電工)というリフォーム会社の2度目の見積もり(単に、構造図を元に計測にきただけなんだけど)。

そして、夜お風呂に入ろうとしたら、いつもより「寒い!」上を見たら、ユニットバスの天井が開けっ放しexclamation×2

ゆったりと連日の見積もりや仕事の疲れを癒やそうとしていたのに。

とにかく、風邪を引かない程度に温まり、即効で体や頭を洗い、バスタオルの巻いたまま、会社や本社に電話をしまくりました。

青森って、24時間の便利屋さんみたいのがないみたい。
別にリファインの会社の担当者がくる必要なんてないじゃない?
ユニットバスの上のふたを閉めてもらえばいいだけなんだから。

「感謝の気持ち」、「ありがとう」という言葉の大切さについてのブログを読んで、「そうだよなあ」と何度目かの確認をしたのに、やはり、事件が起きると、ソードの女王(逆位置)になってしまったもうやだ〜(悲しい顔)

誰も好き好んで苦情を言いたいわけはないと思うんですよ。
クレーマー以外はね。

でも、言うときにはいわないと、なあなあで終わるのが激しいのが地方の欠点ですよね。

タロット占いのソード女王は、正位置でも逆位置でも「自分の主張をする」という点では一緒かな。

タロットカードのソードの女王に例えるのは、失礼なのかもしれないけれど、私やっぱり怒ってますちっ(怒った顔)

皆さんなら苦情をいいますか?それとも、ほっときます?
posted by The Empress. at 22:56| Comment(4) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

タロット占いで見る浮気、二股恋愛のカード

タロット占いで、不倫や二股(それ以上の数)の恋愛を見るとき、多くの場合、ソード(剣)の3というタロットカードが出てきます。

ソードの3は、ハート(の形)に3本の剣が刺さっている絵柄です。
本来、タロットカードのソードの3は「耐え難いような心の悲しみ」など、心が痛むような出来事の全てを意味します。

不倫や二股恋愛には、他にも大アルカナの「月(MOON.)も出ることがあります。
この場合の「月」のタロットカードは、「女性」というように判断することがあります。

「月」のタロットカードには「隠れた敵」という意味や、「どっちつかずの状態」という意味もあります。

二股恋愛の場合は、占いの相談者は「付き合っている異性が自分以外の人と付き合っているのでは?」と悩んで相談される場合が多いですね。

占い師もスプレッドの結果が二股(浮気?)と出てたときに、いかに相談者を傷つけないように、結果を伝えることが必要なので、気を使う相談です。

タロット占いで、「浮気」を鑑定する場合、相談者の方が浮気をしているか、相手の方が浮気をしていることを知っている場合が多いような気がします。

浮気が悪いとかはいいません。韓国のように姦通罪という罪になるのであれば、やめるように言いますが、大人の恋愛ですから、相談者や相手の方が自分で判断するしかないと思っています。

分かって欲しいのは、浮気はあくまでも浮気であるということです。
浮気相手の配偶者(本命の異性)との離婚を望んでも簡単にいくことではありません。

大抵の場合は、「あなた」と一緒になるために家庭を捨てる、本命の異性と別れるということは、考えてないのです。

一緒にいるときは、「君を愛しているから、アイツとは別れるよ」といっても、その場の話にしかすぎないんですよね。

タロット占いだけでなく、他の占い方法でも、浮気や二股恋愛という結果がでたら、「自分の本当の幸せとはなんだろう」と自問自答して欲しいと思います。

ドラマや稀に現実で、浮気相手と最終的には添い遂げられたということもありますが、多くの場合は、浮気は文字のごとく「浮ついた状態での恋愛」です。

タロットカードのソードの3のように、心に突き刺さっている剣の1本は、「あなた」の心に突き刺さっていると思ってください。

個人的に、「愛」は自分や周りを幸せにするものだと考えています。
傷つけることが多い浮気は果たして「愛」なのでしょうか。

タロット占いはの結果を見て、占い師は相談者にとっての「愛」に向かうように、方向転換をするお手伝いをする必要があると考えています。

まあ、一つの人生経験として考える程度なら問題はないのでしょうけれど、それでも、誰かを傷つけていることがあることを忘れないで欲しいのです。


posted by The Empress. at 18:29| Comment(3) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。