2008年12月24日

エンジェル・タロットカードとは

タロット占いに使われるタロットカードの種類は数え切れないほどあります。

カードの絵の構図からすべてに意味を持たせたものから、動物などをモチーフにした占い専用というよりも観賞用のタロットカードまでいろいろです。

多くのタロット占い師の方たちは、最初はウエイト版(アーサー・ウエイト氏による)から学ぶことが多いです。

エンジェルタロットカード(または、「エンジェルオラクルカード」)はここ10年ほどで人気を上げてきている種類の1つです。

エンジェルタロットカードには、44枚のものから78枚(大アルカナ、小アルカナ)のものまで多種多様です。

エンジェルタロットカードに限らず、タロットカードを選ぶときは、「あなた」のインスピレーションに従って選んだほうが、その後実践で使いやすいと思います。

ウエイト版、トート版、ヴィスコンティ(古典カード)、ロシアンカード(古典カード)とエンジェルタロットカードは少し異なりますが、タロットカードが古代で神からのメッセージ(神託)と考えられていることには変わりありません。

エンジェルタロットカードがオラクルカードと呼ばれることもあるせいか、プロのタロット占い師の中でも、エンジェルタロットカードが神託を伝えるカードだと思われている場合がありますが、その考え方は短絡的だと思っています。

エンジェルカードは非常に歴史の若いカードであり、オラクル(神託)に関しては、古典カードのほうがキリスト教など西洋の宗教の影響を強く受けています。

エンジェルタロットカードの研究者で有名なのは、ドリーン・バーチュー女史です。
彼女の提案しているカードは44枚ものがほとんどです。

そのほかにも、天使からのメッセージに関連する書籍も出しています。

《タロットオブエンジェル 》というイタリアのエンジェルカードは78枚で、大アルカナ、小アルカナがあります。

スペインのものも78枚のエンジェルカードが多いようです。例えば、「ユスカルヘリア」など。

インターネット検索すると多くのエンジェルタロットカードが画像をつきで表示されています。

エンジェルカードだけに興味があるのであれば、タロットカードの店に行くよりも、インターネットで検索してから販売店を絞ったほうが時間の短縮になります。

都内であれば、新宿の紀伊国屋書店と隣のビルの間にある細長い商店街に、昔からある占い用品の専門店があります。専門店といっても2坪もないような小さなお店なので、商品はないかもしれませんが、知識のある店員さんか店主と仲良しになるといいですね。

地方の状況はわかりませんが、やはり専門店が多いのは首都圏なので、もしも東京や大阪、神戸にいったら専門店めぐりをお勧めします。

posted by The Empress. at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

小アルカナについて

このブログでは小アルカナ56枚すべての意味を解説していく予定は現段階ではありません。ただし、王、女王、騎士などのカードについては説明をするかもしれません。

小アルカナと大アルカナはどちらがより重要なのかと比べることができない関係といえます。

1冊の本にたとえれば、大アルカナは物語の章ごとのタイトルのようなもの、小アルカナは細かい部分に渡る説明をしている物語のようなものとでもいうと分かり易いでしょうか。

大アルカナ1枚、1枚が神話などの1つの物語を表している、と表現するタロットの研究家もいます。これも正しい解釈だと私も思います。

このブログでの大アルカナを説明では、1枚1枚の背景にある神話(光の国と闇の国との戦いなど)の詳しい部分はしていません。
それは、神話の1つの説明だけで時間がかかってしまうからです。
最小限のカードのテーマや物語の概略を混ぜて説明している部分もあります。

さて、小アルカナには4つのスート(4元素、種類)に分かれます。

棒または杖(WAND、ワンドまたは;ROD、ロッド):
火の象徴で、直感的な感情や意志やそれらによって起こる状態や出来事を意味します

聖杯(CUP,カップ):
水の象徴で、人に対する愛情や感情、感受性の動きを意味します

剣(SWORD、ソード):
風の象徴で、思考、知恵、言語などを指し、それらを人や自分のために戦うときに使ったり、判断する材料とするときに使います

円盤・紋章(PENTACLE、ペンタクルまたは;COIN,コイン):
地の象徴で、人や物に対する価値観を基準に動くことを示しており、成果を得たり、報酬を得たりする場合やそのような状態などを意味することが多いです。五感による判断が強いスートであるため、通信などの手段を意味することがあります。



PR

一瞬にして運命の人だと信じ込ませる依存テクニック
posted by The Empress. at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

ユニバーサル・ウエイト・タロットカード

今日は、私が日常使っているウエイト版のタロットカードでユニバーサル・ウエイト・タロットカード(タロット デッキ)を紹介します。

絵柄の構図や色はウエイト版のものに忠実なタロットカードです。

ただ、線がやわらかい、色がクレヨンというか色鉛筆のようなやわらかい色です。

基本のウエイト版に対して、「色がきつい感じがする」、「絵の線がインスピレーションを妨げるような感じがする」などの感覚を持っている方には、ぜひともユニバーサル・ウエイト・タロットカードを見てもらいたいです。もちろん、トートカードやビスコンティのような古典的なカードでも、自分のインスピレーションをかきたてるカードがあれば、それを選んでください。


当たらしいタロットカードを使うときに、カードがくっついたりして使いにくい(静電気のせい)という場合は、紙やすり(最低でも1000番台、できれば2000番ぐらいのフィニッシング用のもの)で、絵が書いてないほうの表面を軽くこすってください。

これで、新しいカードがくっつきやすいという問題がなくなると思います。

タロットカードをシャッフルしたり、スプレッドを展開するときにテーブルにしくアルター・クロスというのがあります。ベロア状(ベルベット製)のクロスです。安いものなら1000円ほですが、特に模様や刺繍がされていないといけないというものではないので、生地を売っているところで、滑らないような生地でテーブルのサイズに合わせてカットしてもらったほうが安くつくと思います。

アルター・クロスの絵柄は確かに意味があるのですが、タロット占いの結果になんら影響は与えません。

刺繍や絵柄があるものは、プロの占い師が相談者にミステリアスな印象を演出するためのもの、ぐらいに考えてください。


Universal Waite Tarot Deck (カード)
Stuart R. Kaplan (著), Pamela Colman Smith (イラスト), Mary Hanson-Roberts (イラスト)



posted by The Empress. at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

タロットカードの意味での正位置と逆位置について

タロットカードの意味で、これまでは正位置の意味しか説明をしていません。

カードの意味を覚えることは基本中の基本です。
しかし、タロットカードの意味の暗記だけでは、タロット占いでスプレッドを読み解くときに邪魔になることがあります。

タロットカードの意味では、正位置での意味を理解し、逆位置とは極端な場合は、正位置の反対の意味になります。

スプレッドで配置される周囲のカードによっては、「意味が弱まる」、「時間的に遅れる」などの解釈がされます。

例えば、前回の「ちから」のカードの場合、正位置の意味では「意志の力が強い、精神力が強い」などがあります。

逆位置では、「意志の力が弱い、精神力が弱い」といえますが、「意志の力がまだ強くない、これから強くなる可能性もある」という解釈も周りのカードによってはできます。

タロット占いは、複数のカードを総合的に読み解くということを忘れないでください。

タロットカードの意味として、正位置をきちんと把握することが逆位置のタロットカードの意味の理解を早めるということだと考えています。

ブログランキング参加しています☆ポチッとして応援してください!お願いします

banner_02.gif占い部門
posted by The Empress. at 23:05| Comment(1) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

スリー・カード・リーディング(3枚カードスプレッド)

スプレッドとは、タロットカードで占いをするときのカードの並べ方(展開法)です。

タロットカードの解釈だけを暗記しようとすると疲れてしまいますよねあせあせ(飛び散る汗)

今日は初心者が最初に学ぶスプレッドである、スリー・カード・リーディングをお教えします。

現在プロになるべく勉強している方やプロとして活動しているタロット・リーダーも、最初はスリー・カード・リーディングから入ることが多いです。

スプレッドの名前のとおり、3枚のタロットカードで占います。
最初は22枚の大アルカナだけを使うのが楽でしょう。

そして、フルデックの78枚を使う練習をしてください。

このスプレッドは、過去、現在、未来を占うものです。



1)まず、タロットカードをそろえます(正位置、逆位置は無視してください)。
深呼吸をするなりして、心を落ち着けてください。
質問したいこと(人)の過去、現在、未来をカードに教えてください、という気持ちで、次の作業をしてください。

2)そして、カードをシャッフルし、カットします。
シャッフルは、テーブルにカードを広げて円を描くように混ぜていくことです。

シャッフルしたカードを再びそろえます。
そして、カットします。(教える方によりますが、3つに分けて、好きな順に再びそろえるというのが一般的です)

3)カードの一番上から3枚をつかいます。(ここでは、初心者の練習用として1番上から使います)

左順にカードを3枚並べます。

ハート(過去) スペード(現在) ダイヤ(未来)
実際は、タロットカードが並びます。

4)正位置、逆位置に注意して並べてください。

さあ、並べたスプレッド(カード)を総合的に解釈してみてください。

総合的にとは、スプレッドで置いたカードの1枚1枚の解釈ではなく、3枚のカードの関連性などを考えて解釈するということです。

最初の頃は、カードの意味を書いた本やガイドブックを見ながらでいいですよ。

ブログランキング参加しています☆ポチッとして応
援してください!お願いします


banner_02.gif占い部門

posted by The Empress. at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

ケルト・ドラゴン・タロットカード

celticdragon-02066.jpg世界にはいろいろな種類のタロットカードがあります。

続きの前に。↓↓↓☆人気ブログランキング☆ ポチッとお願いします!

ケルト・ドラゴン・タロットもその1つです。
ケルト・ドラゴン・タロットカードにはさらに2つほど有名な種類があります。

一般的に知られているのは、D. J. ConwayとLisa Huntが共著した、The Celtic Dragon Tarot(英語)でしょう。
彼らが目指した、ケルト伝説(魔術)のドラゴンとタロットを融合したタロットカードを通常はケルト・ドラゴン・タロットを意味します。

ファンタジーな絵柄が非常にインスピレーションをかきたてます。
魔術や瞑想にも使えるようなタロットカードを目指したということで
す。

ウエイト版と違うところは、ウエイト版で「法王(V)、The Hierophant」のカードがケルト・ドラゴンでは「教皇、the High Priest」と変わっていたり、「悪魔(XV)The Devil」が「Chains」と変わっているところです。

順番を変えたのは、そのタロットカード全体の流れがあるからでしょう。


さて、ケルト魔術をベースにしているカードですが、ケルト文化に精通しているタロットリーダーからは、このタロットカードの解釈や絵の構図が自由過ぎるのではないか、という批判もあります。
"...not authentically celtic." (本当のケルト文化とは言えない。。。)

確かに、D. J. Conway自身も著書の中で、「絵の作者は、もっとファンタジー的な感覚を強くしたため、必ずしも厳密なケルト文化ではないが、ケルト的な要素をと芸術とドラゴンを融合した」と言ってます。

"...took such liberty, to give the cards a more fantastical feeling. So, the cards are not strictly Celtic - they are an effective blending of Celtic elements, fantasy artwork, and dragons."



ブログランキング参加しています☆1日1回ポチッとして応援してください!お願いします

banner_02.gif占い部門



posted by The Empress. at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

自分を占うタロットの難しさ

自分のことを占う、という宣伝フレーズでタロットカード付き占い説明書がいろいろと販売されています。

プロのタロットカード占い師(本来はタロットカード・リーダーといいます)の多くは、自分自身を占うことがとても難しいことだといっています。

カードの意味もスプレッドの読み解きもできるプロでさえ、自分のこととなると目の前に並んだカードを冷静沈着に読み解くことが難しいのです。

その日の運勢はどんな感じかな?という軽い気持ちでカードを1枚引く程度なら難しくはないのですが、恋愛、仕事、人間関係などタロットカードに尋ねる問題が深刻であればあるほど、自分では解読が難しいのです。

私自身もそうですが、知り合いのタロット・リーダー(Tarot Reader)の何人かも、信頼できるほかの占い師に見てもらうというのが多いです。

自分のことを占いたいという場合なら、西洋占星術や四柱推命、九星気学などの東洋系の占いのように共通した暦があるものをお勧めします。

ブログランキング参加しました☆バナーを1日1回ポチッとクリックして応援してください!お願いします

banner_02.gif占い部門

ラベル:タロット
posted by The Empress. at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タロット占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。