2012年01月27日

寒波居座る、首相も居座る?

寒波が居座り続けていますがく〜(落胆した顔)
「数年前のような豪雪と寒波」と地元のテレビが報道しているのですが、そのときは青森県(弘前市)に住んでいませんでしたのでわかりませんが、「寒い。北国の冷凍庫の感じってこれだ!」と中学生の頃を思い出しています。
冬将軍って的確な表現ですね。まさに、冬将軍にお手上げです。

青森県だけでなく、北海道、秋田県、新潟など毎年「除雪予算」を組んでいるところですら、予算を使い果たしている状態です。
しかし、国会では日本の現状に危機感のない政治家達が結果的には選挙を見据えた討論をして空転しているばかり。
国民の生活はおいてけぼりですねちっ(怒った顔)

それにしても、日本の政党はいつから「マニフェスト」を掲げて選挙を戦うようになったのでしょうか。
それまでは、「政治家は選挙活動期間中は都合のいいことばかりいって、当選したら忘れてしまう」というのが一般常識だったと記憶しています。

政治家の思考回路まで寒波で凍結しているのでしょうか。

野田首相の2009年野党時代の街頭演説がYouTubeで流されると、自民党や民主党内の反発分子がこぞって突き出すしまつ。

議員数も減らすことに合意できない、歳費削減にも合意できない。。。ナイナイナイ。
国会の周りに雪を全国から雪を送って、国会に24時間寝ずに議論して結果をだしてもらいたいです。
posted by The Empress. at 21:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 地域のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

先月廃業の温泉がもうリニューアル・オープン!!

弘前市内で岩盤浴の施設がある温泉を探していた私。

先月(3月25日)で、お気に入りだった「ホテルさくら野温泉」が廃業っていうことで、母と「ここが一番便利が良かったのに、新しいところを探すのは大変だね」と先日も話していたんです。

何故か廃業後の跡のスペースに何ができるのか気になったので、インターネットのお気に入り(さくら野百貨店)をクリック。

フロア・マップを見て驚きましたexclamation&question
スパ&リラクゼーション リコルソ弘前として、リニューアル・オープンしているではありませんかexclamation

「1月に行った温泉ホテルが廃業しちゃいました」という記事を先月書いた私の気持ちはどうなるの?

ホテルの施設はないかもしれないけれど、1ヶ月以内にリニューアル・オープンするなら、何度か利用しているお客さんに「来月リニューアル・オープンします。」ぐらいのことは伝えてもよかったのではないかしら。

インターネットでのフロア・マップを見ていると、岩盤浴、ソフト整体、韓国式アカスリ、スパなど以前と変わらない内容みたいです。
今日は朝からSMAPのメンバーの草なぎ君の公然わいせつ罪の逮捕でのニュースで驚きましたが、個人的には、この温泉のリニューアル・オープンはそれ以上の驚きでした。

青森県って昔から「商売が下手だ」って言われ続けているけれど、典型的な例かもしれませんね。
本当に儲ける気があるんでしょうか。

まあ、同じ場所でほぼ同じサービスを受けられるということなので、「よかった」っていう気持ちがありますが、リニューアル・オープンを知っている人たちはどれぐらいいるのかな。

サウナがだめな体質なので、早く岩盤浴に行きたいですハートたち(複数ハート)
posted by The Empress. at 00:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 地域のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

占い師にも休息は必要ということで、温泉へ

占い師としての仕事は休業しているものの、占いの勉強は続けている私。年齢なのか、風邪が完治しない状態が続いてました。

そこで、弘前市(ひろさきし)の市内で一泊できる温泉を探していたところ、気に入ったところを探しあてました。
さくら野百貨店(弘前の場合です)の4Fに「ホテルさくら野温泉」があるんです。

さくら野百貨店は以前「ビブレ」だったのですが、東北地方では「さくら野百貨店」として名前を変えて運営しているらしいです。

現役の占い師の方は分かると思うのですが、占い相談(鑑定)を多くこなしていると、占いの手法に関わらず、肩が凝ったり、腰痛に悩まされたり、頭痛がしたりという現象が出てきます。
私の勝手な分析ですが、人の悩みを聞きながら(結構、無茶苦茶な質問が多いですからね)、占いをして解決策を出しているうちに、占い師のほうが精神的に疲れてしまうからじゃないかなって思ってます。

そうそう、「ホテルさくら野温泉」ってデパートの最上階にあるんですが、一部の区域だけなので、部屋数は洋室14部屋、和室が14部屋ほどらしいです。

岩盤浴と韓国式あかすりを初めて体験しました。気持ちよかったです。
サウナは全然だめで、1分間もいられないのですが、岩盤浴には18分間ぐらいいました。自然に汗が吹き出るんですね。

「あかすり」もやみつきになりそうです。35分間のコースで「あかすり」のほかに髪の毛のシャンプーとリンス付で3500円。
一番安いコースでしたが、岩盤浴のあとに、ジャスミンの薬湯(40度ぐらい)につかり、その後「あかすり」へ。
最後に42度ぐらいの「癒やしの湯」につかって、極楽気分を味わいました。

露天風呂もあるのですが、昨日は弘前は3月中旬の気温だったとはいえ、夜はさすがに外に出る勇気はでませんでした。

さくら野百貨店の「ホテルさくら野温泉」の利点は、なんと宿泊費、あかすり、整体、夕食など全てを全国百貨店共通商品券で支払えるというところです!

占いのことも忘れ、世間の喧騒から離れて、ゆったりとくつろいだ時間は貴重でした。
ホテルは年中無休みたいだし、弘前(ひろさき)を訪れる際は、宿泊先として考えてみてはいかがでしょう。

ちょっと不思議だったのは、ホテルの内は「靴下」か「はだし」ということで、部屋にはるスリッパは部屋の中だけという謎のシステムでした。


posted by The Empress. at 19:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 地域のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

ハタハタの卵拾ったら罪、青森県

ハタハタの卵拾ったら罪?

っていう超マイナーな青森県のニュースが全国版の新聞に掲載されてました。

なんでも、海岸の砂浜に上がっているハタハタの卵をとると、青森県の「県海面漁業調整規則違反」になるそうです。
砂浜に上がっているのを拾っても罪になるのか。。。

日本海側にある小さな町、鯵ヶ沢(あじがさわ)の海岸で3組計6人が、7日朝から昼過ぎにかけて、同県深浦町の海岸で、砂浜にうち上がっていたハタハタの卵を拾い集めた疑いがある、ということで書類送検されました。

3組で計約16キロが密漁?されたと警察ではいっています。
書類送検された6人は、「自宅で食べるために拾っていた」と言っているそうですが、とにかく違反は違反ということだそうです。
(砂浜に上がっていたんだよねぇ)

ハタハタはじゅう数年前から漁獲量が減り、秋田県や青森県では徹底した、資源確保をしてきていたので、海に入って採ったならわかるのですが、シケ翌日の海岸にはゴルフボール大の卵が多数打ち上げられるというハタハタの卵を拾ってもだめだっていうのは、ちょっと行き過ぎのような。


青森県の「県海面漁業調整規則違反」の規則では、「産卵されたはたはた卵は、これを採捕してはならない」と定め、違反者には10万円以下の罰金、もしくは6カ月以下の懲役が科せられる、そうです。

ただ、卵を抱えた親魚を拾うのは違反にならない、っていう不思議な規則なんですよ。

ハタハタの卵を拾ったら違反だけど、親の中にいた状態で拾った場合は違反じゃないってことなんです。矛盾を感じるのは私だけでしょうか。

青森や秋田では、ハタハタの卵を「ぶりっこ」と呼びます。若い世代は、卵かな。

プチプチした食感に、焼いた場合は、トロリとした卵が出てきます。卵といっても、1つ1つはとても小さいので、マリモの小さいような形でくっついていることが多いですね。

鍋で食べるときは、卵の味というよりも、プチプチの食感を味わうっていう感じです。

それにしても、矛盾している規則と砂浜に打ち上げられた卵は海に戻しても孵化(ふか)しないんだから、拾っても問題ないように思うんですが。
posted by The Empress. at 15:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 地域のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

青森県と岩手県、漁場めぐる壮絶バトル

青森、岩手県境付近沖合のタラ好漁場、通称「なべ漁場」の“操業権”をめぐり、両県で激しいバトルが繰り広げられているんですふらふら

青森県が岩手県の漁業者に底はえ縄漁の操業禁止を命じれば、岩手の漁業関係者はこれを不服として、命令取り消しを求めて青森地裁に提訴するなどの泥試合。

「なべ漁場」という通称は、タラがよく捕れることで知られているのが、青森・岩手両県境から沖合約40キロの位置にあるところで、「ひっくり返した鍋」のように2キロ四方にわたって盛り上がっていることが、名前の由来だそうです。

この海域が、漁業権の管理など海域がどちらに属するかを示す海境は、当事者同士の話し合いで決めるものだというのが問題なんですexclamation×2

昭和59年に、両県の漁業者の間で、県境から真東に引いた線を境界線とする協定が結ばれたのですが、しかし昭和26年の合意書では岩手県側に入っていた海域なんだそうで、そこが「グレーゾーン」というか問題がややこしくなった初めなんだそうな。

岩手県側の言い分は、急に青森県側が取り締まりを強化してきた、ということ。(青森県は平成4年、同県の海域内での底はえ縄漁をメヌケ・キチジ漁に限って禁止しています)

一方の青森県側にいわせると、

完全な青森県側の海域で操業していた岩手県の漁船の底はえ縄と、青森県の船のトロール網が引っかかりそうになるトラブルが発生している。

証拠の写真には、明らかに青森県の海域と認められる場所で岩手県側の船が操業している姿。。。

青森県側が、グレーゾーンの海域を「青森の海域にあたる」といえば。

岩手県側は、「なべ漁場」を含む海域を底はえ縄漁の操業区域とすると指示。

双方とも一歩も譲らない状態らしいのです。

海を泳いでいる魚達にとっては、人間が勝手に決めた海域で、困ってますよね。(捕まるほうが、もっと困るか)

行政は、「沖はそもそも厳格な境界線を引くのが難しい」ということで、青森とも岩手とも決められないらしいんです。

お互いに感情的になっていて、理論的というか理性のある対話ができてない状態らしいのですが、年末までには解決して欲しいですね。

お互い漁師の生活がかかっているので、簡単に解決しそうにないかも。


posted by The Empress. at 06:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 地域のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

横浜松坂屋144年の歴史に幕

横浜松坂屋が144年の歴史に幕をおろした、というニュースにふと寂しさを感じました。

横浜から青森(弘前市)に戻って、はや10ヶ月。考えてみれば、8年間も横浜市に住んでいながら、伊勢崎町の松坂屋には一度も行ったことがありませんでした。地元の人たちも他のデパート(駅前に集中してますが)にいったり、郊外のショッピングモールに買い物に行っているから、うすうすは横浜の松坂屋も横浜三越のように閉店になると感じていたのではないでしょうか。

横浜市のデパート業界は都内のデパートとの熾烈な競争もあるので、生き残るのは大変だと思います。

松坂屋という百貨店で最初に買い物をしたのは、私が5歳のころで上野の松坂屋でした。(幼いころから母と一緒に親戚のいる都内、千葉、神奈川に行ってましたね)

幼いながら、三越や高島屋に比べると「ダサいなあ」って思った記憶があります。当時は東北新幹線もないので、寝台夜行列車(超懐かしい)で青森と東京間だと、上野駅を利用するので、手っ取り早く「上野の松坂屋」で時間つぶしってことだったんでしょう。

本題に戻して、144年間店を守ってきたというのはスゴイことですよね。地元で買い物をしてきた人たちにとっては、デパートの中のレストランとかいろんな思い出があるのではないでしょうか。

横浜三越は閉店の後にあっという間に某電化製品販売の量販店になりましたが、横浜松坂屋の後にはどこのお店がはいるのでしょうか。

私の父の思い出は、都内で調理師として修行中、たまに伊勢崎町で飲み明かしたことらしいのです(あの界隈は誘惑たっぷりの別のお店もあると聞いたことがありますが。。。)。

時代の流れには逆らえないんですよねたらーっ(汗)続きを読む
posted by The Empress. at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

弘前(ひろさき)のユニークなホテルのご紹介

個人的にディスカバー弘前(ひろさき)を無意識にしています。
自宅マンションに行く道筋に、小さなホテルがあって、ジャズバンドのライブのポスターが頻繁に新しくなっているんで気になってました。

弘前東栄ホテルというところです。
http://www.toei-h.com/
JR弘前駅から徒歩7分/バスターミナルから徒歩5分(自宅マンションからにたような距離ですが、徒歩7分はきついかな、10分ぐらい見てください)

ネットで検索していたら、旅行者の口コミで、弘前(ひろさき)市内のホテル19件(19件もあったのか。。。)の中で9番目の人気だそうです。

ねぷた祭りのときは通りに面しているので、この時期は客室、窓際のレストランは満席です。

ホテルの1階には、郷土料理居酒屋「あば」(津軽弁で、多分ですが「おばあちゃん」とかいう意味です)、サイトでの宣伝によれば、「弘前では言わずと知れた魚の専門店」だそうです。
津軽海峡産の鮮魚を網元から直接仕入れ、鮮魚のお造りから魚貝の創作料理まで楽しめるということです。

津軽名物の「じゃっぱ汁」なんか冬の時期は食べれるのではないでしょうか。(「じゃっぱ」とは魚の頭とか食べれるけど捨てることが多い部分を使った料理です。タラが多いのですが、今は「じゃっぱ」というより高級料理です。)

ホテルの「7th Avenue」がジャズ、フォーク、クラシックなどのライブでよく利用されている場所なのだそうです。
弘前(ひろさき)においでの際は、「7th Avenue」のライブスケジュールをチェックしてみてはどうでしょう。

12月には、岡田勉クインテットのライブやクリスマスのライブがあるそうです。

ジャズドラマーの中村達也氏のライブが夏にあったとか。

これからも、ディスカバー弘前(ひろさき)を心がけます!
posted by The Empress. at 19:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 地域のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

2008 大間超マグロ祭りに行ってみませんか

2008 大間超マグロ祭り ( オオマチョウマグロマツリ)

私も今日知った青森県大間のお祭りです。
マグロで知られる町、大間でのマグロ祭りがあるのだそうです。
今週末(24日から26日)ですが、近県の方や全国のマグロファンなら見逃せないイベントだと思います。

開催日 2008年10月24日〜2008年10月26日
開催時間 24日12:00〜15:00、 25日、26日9:00〜15:00

開催場所:大間町大間港特設会場

主催者: 大間町商工会
問い合わせ先: 0175-37-2233

マグロ一本釣りで全国的に知られる大間町。
まぐろ祭りは、今年で8回目を迎えます。マグロの解体ショーでは、
本マグロが観光客の前で鮮やかに解体され、展示即売も行われます。

大間町でお勧めなのが、太平洋から朝日が昇り、夕日が日本海に沈む、突端ならではの珍しい風景。また函館の夜景を横から(大間から)も見ることができます。

「太平洋から昇る朝日と日本海に沈む夕日を楽しめる」のも下北半島の大間ならではですよね。

さらに、帰りがけに「恐山(おそれざん)」にもいけますよ。
日本三大霊山の1つですから見る価値あり。
恐山の開山時間と入山料については

続きを読む
posted by The Empress. at 13:52| Comment(3) | TrackBack(0) | 地域のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

秋の弘前(ひろさき)を訪ねてみませんか?

この時期の青森県は紅葉の見所いっぱいです。
八甲田山、奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)、十和田湖など。

そして、弘前(ひろさき)もお忘れなく。
津軽の霊場めぐりもいいですし、JRのCMで有名になった寺町もいいですよ。

そして、「 弘前城菊と紅葉まつり」と周辺の洋館めぐりもお勧めです。

2008年10月24日〜11月9日
9:00〜17:00(入場受付は16:30まで)
青森県 弘前城植物園(弘前公園内
料金: 大人300円、小人100円
主催者: 弘前城菊と紅葉まつり運営委員会
問い合わせ先: 弘前市立観光館 0172-37-5501

約1000本の楓、2600本の桜の鮮やかな紅葉の下で大小の菊花が古城の秋を彩ります。豪華絢爛な菊人形や西洋風にアレンジした菊の
トピアリーなど丹精込めて造られた様々な菊花が美を競います。期間中、多彩なステージイベントも催されます。

洋館や教会は

日本キリスト教団・弘前教会

弘前昇天教会

カトリック弘前教会(ここの木材作られた祭壇は素敵です!)

弘前学院外人宣教師館(全国的にもよく紹介される素敵な洋館です)

旧弘前市立図書館(明治39年(1906)に建てられたルネッサンス様式の建築)

旧東奥義塾外人教師館(1階に喫茶店もあります)
gijuku-youkan.jpg

ほかにも洋館があるのが、弘前城と美しいコントラストを出しています。

posted by The Empress. at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

2010年度、青森市へ新幹線がやっとくる!

青森市にやっと新幹線がやってくるexclamation×2

盛岡 - 新青森間は1973年に整備計画が決定された5線(いわゆる整備新幹線)のうちの一つで、盛岡 - 八戸間が2002年に開業しているのですが、弘前や津軽地方に住んでいる者にとっては、終着駅は八戸駅ではなく、盛岡駅で降りて、そこから高速バスで弘前へというルートが一般的なんですよ。

正直、新青森駅って現行の青森駅から遠いし、北海道新幹線ができると「単なる通過駅だよね」って地元の人の多くも言ってます。

それでも、計画が案ができてから30年以上経って、やっと県庁所在地に新幹線がくるというのは感慨深いものがあるようですたらーっ(汗)

そういえば、1991年の東京駅から盛岡駅間が完成するまでは、上野駅から盛岡駅だったんですよね。ホント、初台(渋谷区)から上野の駅までが長かったのを忘れかけてました。

東京オリンピック開会直前の1964年10月1日に開業した(私は生まれてませんが)東海道新幹線がうらやましかったんでしょうね。

関西にも住んでいたので、東海道新幹線も頻繁に使った時期もありましたが、東北新幹線のグリーン車は「おしぼり」と「飲みもの」のサービスがあるので、東海道新幹線のグリーン車よりも好きですわーい(嬉しい顔)

東北新幹線・新青森駅の駅舎工事の安全祈願が十日午前、青森市石江の同駅東口で行われ、三村申吾知事や関係者約百人が作業の無事を祈った。二〇一〇年度の東北新幹線全線開通に向けて、終着駅の工事がいよいよ本格化する。
posted by The Empress. at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

青森県の石油小売店倒産の続編:プリペイドカードや前売り券を持っている方は捨てないで!

青森県内では、安売りスタンドとして有名だったカキモト(柿本)が倒産手続きに入った。

平成19年に7店舗を新設して県内に26店舗のセルフ式ガソリンスタンドを増やしていた。
2007年7月期の売上高は約96億円、純利益は約1300万円だった。

負債総額は現在集計中で詳細は不明ながら、金融負債だけでも40億円を超えると伝えられているが、一部の報道機関からは90億円の負債という話も出ている。

倒産の主な原因と見られているのは:
@急激な店舗増設のために無理な借り入れをしたことで、返済計画にむりがあった

A今年3月には、ガソリン税の暫定税率の期限切れを前に、先行して1リットル当たり15円の値下げを断行するなど、薄利多売で利益度外視の販売手法に問題があった

B契約しているメーカー以外からの石油購入などで、メーカーから契約打ち切りをされていた

などである。

今後の問題は、プリペイドカード所持者と灯油前売り券を購入していた消費者の救済であろう。

プリペイドカードについては、「前払式証票の規制等に関する法律(プリペイドカード法)」という法律があり、プリペイドカード発行者は供託金を出しているので、その中から最高プリペイドカード残額の半分(あくまでも供託金の金額によります)が戻る可能性があるので、捨てないで保管しておくことが必要です。

灯油前売り券については、「前売り券」を規制する法律がないため、通常の破産手続きで、

@破産管財人が破産した会社の財産の内容を確認する。

A債権者集会の開催される。(債権者として登録すること)

B債務者の財産を、債権の額に応じて均等に債権者に分配する。

このBで財産が残っていれば、債権者の額に比例して、お金が戻ってくるということになります。

プリペイドカードほどの金額が戻ってくるかは難しいのですが、前売り券も捨てないで保管しておいてください。倒産手続きが完了するまでは、決して「紙切れ」ではありません。
プリペイドカード保持者は消費者センターに問い合わせをして、供託金に関して質問してください。
灯油前売り券保持者の方たちは、倒産手続きを担当している管財人(弁護士)に債権者として登録する方法を問い合わせしてください。
内容証明などを作成できる方はぜひとも管財人に内容証明を送ってください。難しい場合は、弁護士でなくても、司法書士や行政書士が書類作成をできるので問い合わせをして、自分が債権者であることを伝えましょう。
泣き寝入りは、会社に残っている財産の金額が確定してからです。











posted by The Empress. at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

200円、300円で泊まれる場所を石原都知事よ教えて欲しい!

東京都の石原都知事が3日に大阪で起こったビデオ個室火災事件と「ネットカフェ難民問題」に関して、「200円、300円で泊まれるところがある。山谷(東京台東区)にいったらあるでしょう。1500円、2000円も出せるのにネットカフェ難民というのは。。。」という認識不足の発言をして、台東地区やネットカフェ難民救済活動をしているNPOから苦情がでている。

キー局の報道番組では、山谷での宿泊料金に関するレポートをしていました。最低価格で1000円(一部屋に2段ベッドが4つで8人)、一般的には一泊1500円から2000円が相場のようでした。

記者の質問に答えた山谷の地元の人は「コインロッカーでも300円だよ」と石原都知事の時代錯誤的な発言に呆れ顔だった。

今回の発言では2つの重大な問題というか課題があります。

1つは、ネットカフェ難民を支援しようと東京都自体が支援センターを開設しているのに、頂点に立つ都知事がネットカフェ難民の根本問題を理解していないということ。

東京近郊で住宅を借りるには、フリーターや日雇い、派遣社員では高額で定住場所を確保できないこと。
定住場所がなければ、就職活動の際に不利なこと。この悪循環を断ち切ろうというので、都の支援センターやNPOが活動しているのです。

2つ目の問題は、台東区の山谷は昔から日雇い労働者の宿泊先が多いところであり、言葉は悪いのですが、これまでは一般の人が頻繁に行くような場所ではなかったという過去があります。
台東区はイメージアップのために、安い宿泊先を求めている外国人旅行者を誘致するなど、近年では山谷のイメージも大分変わってきていたのです。

今回の失言もそうですが、石原都知事は、著名な作家、元国会議員、そして現職の都知事ということで、自分が知識人であり、「自分の認識は間違ってない」という変な自信がおありのようです。

誰だってできることなら、椅子ではなくて、ベッドや布団で横になって眠りたいと思っているはずです。
でも、それすら許さない経済状態にあるのは本人だけのせいではないのです。

オリンピック誘致に多額の金を投じるぐらいなら、東京都の一般都民の生活を向上させるための政策に本気で予算を与えて欲しいですね。

地方からの出稼ぎが多いのも東京都です。地方よりは賃金が高いとはいえ、過酷な労働条件で働いて、地方に住んでいる家族を支えている人たちがどれだけいることか。

それにしても、200円、300円で泊まれるような時代っていつの話なんでしょうか?続きを読む
posted by The Empress. at 18:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 地域のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今度は中国製あんからトルエンが検出

中国製品だけが槍玉にあげられているわけではないのでしょうが、今度は、袋詰めのつぶあんからトルエンが検出されたというニュースです。

名古屋市中川区のスーパーで9月に販売されていたもので、保健所が調べたところ、有害物質のトルエンと酢酸エチルが検出されました。

女子高生がホタテの貝殻でマニュキュアの代用品を考案という記事を書いたばかりですが、マニュキュアの中に入っているのが酢酸エチルです。

スーパーで買い物すると中国製品を除いて食品を購入するのは難しいですが、有害物質が中国から輸入される食品から検出されると、買い物をするときに「中国製品かどうか」をラベルで確かめている自分がいます。

名古屋地方では、「つぶあん」というのはトーストに始まり、いろんな料理の付け合せに出てくるようなのです。
この商品は、静岡県のスーパーでも販売されているようで、今後の調査次第によっては、販売地域が拡大する可能性が大きいと思われます。

過剰な反応は控えたいですが、安心できる食品を食卓に出したいですよね。

続きを読む
posted by The Empress. at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女子高生がネイルアートでホタテビジネス

女子高校生を侮るなかれ。
大阪府の工業高校に通っている生徒さんが、有害成分を使わない代わりにホタテの貝殻を使ったマニュキュア代用品を考案したというスゴイニュースです。

マニュキュアなどを使うときに、酢酸エチルや樹脂などが含まれているので不快な臭いや、化学物質の臭いや成分に敏感な女性の中には、ネイルのおしゃれをしたくても諦めていた人たちが大勢いたのではないでしょうか。

自動車塗装の研究用に彼女が通っている高校で、ホタテの貝殻を使った「ホタテ塗料」に目をつけたところがエライ!

自分も含めて、人が困っていることで何かできないかというところから始まったのがよかったのかもしれませんね。

青森にはホタテの貝殻が道路建設のさいにアスファルトなどに混ぜることで、水はけがよくなるとか、今まで産業廃棄物としてしか見られなかったホタテの貝殻がいろんな分野で研究されています。

ネイル・ファッションの材料として使われるとはホタテ君も考えられなかったでしょう。
オジサンたちとか男の子だと考え付かなかったアイディアかもしれませんね。

暗いニュースが続く中で、「ネイルアートでホタテビジネス」っていうのが何故か癒やしのニュースに感じたので紹介しました。



続きを読む
posted by The Empress. at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

青森県の石油小売り大手チェーン・柿本石油倒産

北国の青森県で石油小売大手の柿本石油が倒産しました。(県内の人しか知らない会社ですが)

倒産というニュースが出る前に、日曜日の夕方からガソリンスタンドが早めに閉店し、月曜日には県内24店舗のスタンドが閉鎖状態だったそうです。従業員も朝出勤して事態が把握できない状態が続いていました。

県内のセルフ・ガソリンスタンドとしては一番安いという評判だったらしいのですが、プリペイドカードの残金が残っている利用者や、灯油(北国では必需品です!!)の前売り券を大量に購入していた利用者などが、ガソリンスタンドや本社前で様子を見に来ていたようですが、本社で一部の関係者が事務所にいた程度のようです。

「カキモト」グループが青森、弘前、五所川原の三市で経営している計四店の女性専用フィットネスクラブも突然の休業に、毎月の利用料金を振り込んだ利用者が困惑していた映像もニュースで放送されました。

一般の利用者も被害者ですが、農業をしているとろではハウス栽培用に大量の灯油を使うため、前払いした農家は厳しい経営の中さらに厳しい冬をむかえることになりそうです。
年金で生活している人も「まとめて前売り券を購入すると割安になるから、灯油が高いので一冬分の券を購入したばかりなのに。。。」と困惑しておられました。

どの地域もガソリンスタンドの過当競争が深刻になっていますよね。
ほかの会社も採算の取れないスタンドがどんどん閉鎖されていたのですが、会社自体が倒産というのはガソリンスタンド経営をしているところでは最近なかったことです。

地方だと、車は一家に一台ではなくて、一人に1台っていう感じですし、秋から春先まで灯油で家を暖房しますから、薄利多売でもあまり倒産するチェーン店はなかったんですよね。

不動産、コンビニ、フィットネスなどほかの事業展開もしていたようなので、稼ぎ頭のはずのガソリンスタンドの経営で失敗したとは考えにくいのですが。。。

国会中継を見ていても、地方経済の実態を本当に知っているのかな?とか、知っていても経済対策を打ち出す力が今の政府にはないだろうなぁ、なんて悲観的になっちゃいました。
posted by The Empress. at 04:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 地域のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。