2012年01月13日

野田内閣改造、実質「岡田氏が総理」?

野田内閣改造の報道を見ていると、岡田氏が「副総理」、「社会保障と税の一体改革担当大臣」そして「行政改革担当大臣」を兼任するという「首相は野田氏か岡田氏か?」と考えるような内閣改造。

とにかく、「消費税を引き上げる」ために改造された内閣らしい。

現実問題として、日本の社会保障制度を維持するには何かしらの増税は必要になるというのは理解できるんです。

ただ、国会議員(地方議会の議員も多いですよね)の削減と一人当たり1億円ともいわれる予算は多すぎ。
国家公務員の給与削減(ボーナスは財政赤字がなくなるまで凍結」。
天下りの温床である外郭団体を原則清算、などの大きな歳出削減を実行してから、増税という話しができるのではないかと思いますが。。。

私の住んでいる青森県では、11日に11年ぶりの寒い日(最低気温がマイナス10度ちょっと)という中、財布(懐っていうのか)の中も極寒になりそうな感じ。

結局、経産省、財務省、厚労省などの官僚が作成したシナリオに追随しているのが与党民主党の内閣なのか、と疑問がわいてきますが。

マニフェストなんて作るのをやめて、国民に民主党政権の存在を選挙で判断してもらう時期ではないでしょうか。

東日本大地震の被災地に暮らす人々の中には今月中に失業手当(300日などの延長があったものの)が終了するという人たちが出始めます。
日本を再生させるためには、議員と官僚が襟を正さねば(本来は公僕だから、高給取りであってはならないはずなのに)、一般国民は増税に納得できないのではないでしょうか。

必要だとわかっているけれど、こいつらが甘い汁を吸っている間は許せないっていう気持ちかな。

国民の声が届いてないっていうか、聞く耳を持たないですよね。
頭を下げるのは選挙活動のときだけかあ・・・
posted by The Empress. at 21:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 気になったニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

[ 「笑っていいとも!年忘れ特大号2011」でネット炎上?

「笑っていいとも!年忘れ特大号2011」という番組で、AKBの秋元さんと劇団ひとりさんがブータン国王夫妻を「笑いのネタ」にした結果、ネットでは番組、放送局そしてタレントについて炎上しているらしいです。

青森県ではまだ放送されていないのですが(通常の「笑っていいとも」は夕方に放送されています)、今年日本を訪問して多くの日本国民に「幸せとはなにか」を考えさせてくださった美しいブータン国王夫妻を笑いのネタにするとは、放送局としてのモラルっていうものがないのでしょうかたらーっ(汗)

ここ何年も「笑っていいとも」を見てませんでしたが、お笑い芸人の方達の内輪のネタで盛り上がったりしたころから、「この番組って見ていても面白くないなあ」って感じました。

大分前から時代は、政治、経済などの社会派の問題をわかりやすく教えてくれる報道系の情報番組にかわっていったのに、この番組だけは世のなかの流れを読んでなかったKYな番組になったんでしょう。

それにしても、日本はどうしたんでしょうか。
国会議員がブータン国王夫妻を歓迎する宮中での晩餐会を欠席して、議員の金集めパーティーに出席するは、年末のお笑い番組?でブータン国王夫妻をバカにするようなネタをするなど考えられない低俗国家になりさがってしまった。

これだから年末年始の報道以外のスペシャル番組とかって見たいと思えなくなってしまうんですよね。(実際見てないし)

韓流ドラマや音楽の放送で苦情をいうよりも、このような下劣で他国をバカにするような番組を許してはいけません。
お笑いのネタにも最低限のモラルがあってもいいと思うのだけれど、どうでしょう?
posted by The Empress. at 18:04| Comment(1) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。